2009年02月04日

炒めない!ピリ辛チャーハン マクロビオティックレシピ

itamenai cha-han.jpg


今日はね、とってもうれしいのるんるん

なぜって、炒めないで作るチャーハンが、すご〜くおいしくできたから!

普通チャーハンをおいしく作るためには、けっこうたくさんの油を使って強火で炒めなければいけませんよね。

私は油をたくさん使うのもいやだし、強火で調理するとトランス脂肪酸ができてしまうから、チャーハンを作る時、どうしても油をちょっとにして弱火で炒めてしまうのです。

そうすると、必然的にベチャッとおいしくないチャーハンができ、フライパンにごはんがこびりついてしまうんです。

というわけで、チャーハンは作りたくないメニューの上位にランキングされていました。

これをなんとか克服して、おいしいチャーハンを作りたい!と考えてできたのがこの炒めない!ピリ辛チャーハンです!

油はほんの少し最後に加えるだけ。パラリとおいしい。作るのも後片付けもラクラクのいいことづくめのチャーハンです!


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2009年02月02日

絶品!鯛茶漬け マクロビオティックレシピ

taichazuke.jpg


めずらしく、魚を使ったメニュー、「鯛茶漬け」をご紹介します。

マクロビオテイックを実践している方の中には、絶対に魚を食べないという方もいらっしゃるのですが、我が家では玄米を食べないので、たんぱく質やビタミンB12の不足を補うために週に数回魚を少量いただいています。(Q&A マクロでビタミンB12不足になるって本当?


マクロビオティック標準食では、油の少ない白身魚なら週に1〜2回食べてよいとされています。


マクロビオティックで食べる魚としてふさわしいのは、鯛、タラ、スズキ、太刀魚、トビウオ、サヨリ、カマス、キス、グチ、マス、カレイ、ひらめ、あゆ、わかさぎなどの白身の魚で、その他に魚貝類で、たまに食べて良い物としては、あさり、しじみ、ホタテ、カキ、いか、たこなどがあります。

中でも鯛、ホタテ、サヨリ、カレイ、キス、タラ、ひらめなどはビタミンB12が比較的多く含まれているのでお勧めです。

そんなわけで、鯛は我が家でよく登場する魚です。(お高いので量はちょっぴりですが...!)

サッとあぶって塩とレモンをふりかけて食べてもとてもおいしいのですが、この鯛茶漬けはまた格別ですよ。

お茶ではなく、ダシ汁をかけていただくところがミソなんですが、アツアツのおダシをかけると、タレをつけた鯛の表面がちょっぴり茹だって、でも中身はお刺身状態で、これがたまらなくおいしいんです!


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2009年01月12日

おいし〜いアボガド餅 不良マクロレシピ

avocado mochi.jpg


お正月にはお餅を食べることが多いですが、いいかげん娘たちもちょっぴり飽きてきた様子。(下の娘は2回目からすでに「え〜、またお餅ー?」とブーイングでした!)

そこで、何か目先の変わった食べ方はないかと考えました。

よく磯辺餅にチーズをはさんだりしますよね。そこからヒントを得て、アボガド餅を作ってみました。

アボガドのまったりとしたクリーミーさに醤油と海苔の風味が加わって、かなり感動のおいしさでした!


マクロビオティックでは南国原産の食べ物は陰性で体を冷やすため、なるべく食べない方がよいと言われています。

アボガドは熱帯アメリカ原産なので、りっぱな南国原産。

なので、このレシピは大きな声ではご紹介できない不良マクロレシピです。

たま〜に召し上がってくださいませ。

レシピというほどのものでもありませんが...!

[材料]1個分
お餅・・・・・1切れ
しょうゆ・・・・適量
わさび(好みで)・・・少々
アボガド・・・・1切れ(5mm位にスライス)
海苔・・・・・・1枚


[作り方]
1.お餅を焼き、醤油(わさび醤油)をつけ、アボガドをのせて海苔を巻く。


醤油は少し多めにしっかりつけた方がおいしいです。

お餅に醤油をつける時、わさび醤油にすると大人の味になります。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪

2008年12月13日

親子丼?かぼちゃ豆腐丼 マクロビオティックレシピ

kabocha toufu don.jpg

びっくりです!

これ、まるで親子丼です!

夫が気に入ってモリモリ食べていました。

「海苔をふりかけると、まさしくお蕎麦屋さんの親子丼の味だよ!」

と、大喜び。

すると、中学生の娘が

「親子丼ってなーに?」

「.....。たらーっ(汗)そうか、知らないのね。」

うちの娘たち、けっこう知らない食べ物があるんですよね。

でも、知らなくてもおいしければいいじゃない♪


[材料]3〜4人分

昆布しいたけダシ・・・・300cc
かぼちゃ・・・・1/8個(5mmの厚さの1口大に切る)
しいたけ・・・・2枚(薄くスライス)
木綿豆腐・・・・1/2丁(薄めの1口大に切る)
しょうゆ・・・適量
てんさい糖・・・少々


玉ねぎ・・・・小1個(まわし切り)

三つ葉・・・・少々
海苔(好みで)・・・少々

ごはん・・・・適量


[作り方]
1.なべにAを入れて火をつけ、沸騰したら弱火で5〜10分ほど煮る。
2.かぼちゃが柔らかく煮えたら玉ねぎを加え、2分ほど煮る。
3.どんぶりにごはんをよそい、上から2を盛り、煮汁をかけて、三つ葉を飾る。好みで刻みのりをふりかける。


ごはんといっしょに食べるので、味付けは少し濃い目がおいしいです。

コツは玉ねぎを煮すぎないこと。

シャキシャキ感を残すとおいしくできます。

反対に、かぼちゃと豆腐は少し煮えすぎ位がおいしいです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


2008年12月06日

きのこごはん マクロビオティックレシピ

kinokogohann.jpg


今日はノーマルですよ!

ノーマルだけど、超おいしいからネ(^-^)

このきのこごはんを初めて作ったのは7〜8年前かなー?

子どもたちがまだ小さかった頃、お友達が遊びにきた時に作って、みんなにとっても喜んでもらってから定番になりました。

とは言っても、主人はきのこが大の苦手ですから、これは主人のいない時に作るナイショのごはん。


[材料]3人分
米・・・・・・・2カップ
昆布しいたけダシ・・・普通に炊く量からしょうゆの分を差し引く
しょうゆ・・・・・大さじ2(米1カップに対し大さじ1)
干ししいたけ・・・2枚(薄くスライス)
まいたけ・・・・・1にぎり
しめじ・・・・・・1にぎり
油揚げ・・・・・・1枚(油切りして、たてに半分にしてから薄くスライス)


[作り方]
1.米をとぎ炊飯器に入れ、昆布しいたけダシとしょうゆを加え、よく混ぜる。
2.米の上に具をのせてふたをし、スイッチを入れる。
3.炊き上がったらよく混ぜる。


昆布しいたけダシがない時は水と昆布5cmを入れろ方法でもOKです。

きのこは色々な種類のものを入れるとおいしさが増します。最低でも2種類以上のきのこを入れてください。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪