2009年07月16日

簡単タコライス マクロビオティックレシピ

tako rice.jpg


梅雨が明けて急に暑くなりました!

そこで、暑い夏にピッタリのタコライスです。

しかも、とっても手抜きのタコライスです。


 「三育 ベジ・デ・タコス 200g」を使いました。





動物性のものを一切使わない、こんなに便利なものがあるんです!

お肉の代わりに焙煎小麦と大豆を使っています。

缶をあけてすぐに食べられるので、超便利!

ごはんにこれだけのせてっていうのも気がひけたので、サルサソースを作って、かけて食べたら、もう、気分はメキシコ!

ん?タコライスは沖縄でしょ。

どっちにしても、おいしくって食欲モリモリです!


[材料]
ベジ・デ・タコス・・・・適量
ごはん・・・・適量
レタス・・・適量


サルサソース(サルサメヒカーナ)(3人分)
トマト・・・2個(みじん切り)
ピーマン、又はきゅうり・・・1個(みじん切り)
玉ねぎ・・・・1/2個(みじん切りして水にさらす)
チリパウダー・・・・小さじ1/2(タバスコを少々でもOK)
塩・・・・小さじ1弱
こしょう・・・・少々
オリーブオイル・・・大さじ2

他に好みで
レモン汁・・・大さじ1
にんにく・・・少々
コリアンダー・・・少々


[簡単タコライスの作り方]
1.サルサソースの材料を全て混ぜ合わせ、冷蔵庫で3~5時間位なじませる。
2.器にごはんを盛り、レタス、ベジ・デ・タコスをのせ、サルサソースをかける。


思い立ってすぐに食べたかったので、サルサソースを冷蔵庫でねかせず、すぐに食べましたが大丈夫(^-^)vすごくおいしかったです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(タコライス マクロビオティック レシピ)

2009年04月11日

桜の香りごはん マクロビオティクレシピ

sakura gohann.jpg


12時半に学校から帰宅すると思っていた高校生の娘が、健康診断が早く終わったとかで11時半に帰ってきました。

あら、大変!これからお昼を作ろうと思っていたのに!

あわてて作り始めましたが、おなかがすいていたらしく、水をもらっていない花がしおれていくかのように、娘は時間がたつにつれ元気がなくなり、話をすることもできなくなってグッタリしていきました。

大急ぎで作った桜の香りごはんを出すと、

「カワイイ~!いい香り~!」

と、いきなり元気になってモリモリ食べ始め、

「おいしい~!私、これ大好き!!待っていた甲斐があったよ黒ハート

と喜んでくれました。

飢えていた娘の言ったことだから、どうせおおげさに言っているんでしょ、ぐらいに思っていましたが、夕方帰ってきた下の娘に、桜の香りごはんでおにぎりを作ってあげたら、

「すごいおいしい!」

と感動してくれ、夜帰宅した夫も

「これ、うまいよ」

とほめてくれました。予想以上においしくできました。

桜の花の塩味がアクセントになっていい感じです。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2009年03月28日

小松菜と豆ミートのドリア マクロビオティックレシピ

doria.jpg


学生の頃、よく行ったカフェで食べたドリアをマクロビで再現してみました。

そのドリアはひき肉とほうれん草の入ったホワイトソースをごはんの上にかけて、チーズをふりかけて焼いたものです。

シーフードドリアかチキンドリアしかなかった当時としては、生卵の黄身をほぐしながらトロ~リ混ぜて食べるというそのドリアはとてもめずらしく、ざん新なものでした。

ひき肉は豆ミートで、ほうれん草は小松菜、ホワイトソースは豆乳を使って簡単にマクロビにアレンジできそうな気がしましたが、生卵の黄身はちょっと難しいかも?と心配しながら作ったのですが、これがなんとまあ、なかなか上手にできました!

卵黄がトローリとからむ感じがそっくりですよ。

はまりそうなおいしさです!


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2009年03月03日

人参ごはん マクロビオティックレシピ

ninjin gohan.jpg


上の娘がまだ1歳になったばかりの雛祭りのお祝いの時、娘にアレルギーがあったことと、まだ離乳食の最中だったこともあって、ちらし寿司の代わりになるようなものはないかなー、と考えて作ったのが、この人参ごはんです。

その時は、全ての人参をお花の形にして娘に喜んでもらおうと思って、日本料理用の小さいお花の抜き型を使って100枚以上の人参のお花を一生懸命抜いたことを覚えています。

できあがった時はお皿の上一面に花が咲いたようで、それはそれはかわいらしかったです。

でも、手は痛かった~!

なので、今回はもっと大きいクッキー型を使って、飾り用の人参だけお花の形にして、中に混ぜる人参は千切りのものを使いました。

これなら楽に作れます。


[材料]2~3人分

白米・・・・2カップ(といでおく)
昆布しいたけだし又は水・・通常炊く量から大さじ1引いた量
昆布・・・・・5cm(水で炊く場合)
塩・・・・小さじ1強


人参・・・中1本(半分は飾り用に花形に抜き、半分は千切り)

釜揚げシラス・・・・20g(1にぎり位)

白ゴマ(好みで)・・・・少々


[人参ごはんの作り方]
1.炊飯器にAを入れ、飾り用の人参を1番上になるようにして炊く。
2.炊きあがったら飾り用の人参と昆布を取り出してから、シラスを加えて混ぜる。
3.茶碗に盛り、白ゴマをふって、飾り用の人参を飾る。


シラスを使いたくない方は、油揚げを使ってもおいしくできます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(人参ごはん マクロビオティック レシピ)

2009年02月15日

炒めない!残りごはんでカレーピラフ マクロビオティックレシピ

itamenai curry pilaf.jpg


以前炒めない!ピリ辛チャーハンをご紹介しましたが、その「炒めない!」シリーズ第2弾、炒めない!残りご飯でカレーピラフです。

炒めないことの良い点は、油を強火で熱さないので、体に有害なトランス脂肪酸ができないことです。(トランス脂肪酸について

そして極力減らしたい油の量を少なくすることができることです。

炒めない!ピリ辛チャーハンがあんまりおいしくできたので、これなら残りごはんを使ったピラフもおいしくできそう!と思い作ってみました。

思ったとおり、おいしくできましたよ~!


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む