2008年04月07日

野菜まん マクロビオティックレシピ

yasaiman1.jpg


少し前に作った野菜まんをご紹介します。

なんだか急に暖かくなってしまったので、ちょっと季節はずれになってしまいましたがお許しを!

春休みに入る前、子どもたちが短縮授業でお昼を食べずに帰ってくる日がありました。

お昼ごはんを作らなければいけないので、母の仕事が増えてしまうのですが、そんな時はちょっぴりいつもと違う気分で、あえてめずらしい物を作ってみたりします。

その日はちょうど天然酵母の生種ができたばかりの時だったので、何か天然酵母を使ったものが作りたくてウズウズしていました。

なので、前の晩から生地をこねて、

「よーし!野菜まんだー!」

と、はりきっていました。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2008年03月31日

マクロビオティック 天然酵母のフルーツケーキ

fruit cake5.jpg


甘味料、油を極力減らし、ベーキングパウダーを使わないフルーツケーキを作りたいと思い、天然酵母を使って作ってみました。

[材料](8×17×6のパウンド型1本分)

地粉(強力粉でも可)・・・・125g
シナモン・・・・・・・・・・小さじ1/8


てんさい糖・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/4
なたね油・・・・・・・・・・大さじ2
ホシノ天然酵母生種・・・・・大さじ1と1/2
水・・・・・・・・・・・・・60cc
オレンジ又はレモンの皮・・・半分(すりおろす)
くるみ・・・・・・・・・・・1/4カップ
レーズン・・・・・・・・・・1/4カップ
プルーン・・・・・・・・・・1/4カップ


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2008年03月29日

ホシノ天然酵母 生種の作り方

koubo1.jpg


天然酵母のパンは難しいと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、実はイーストよりも楽なんです。

私も初めはイーストを使っていましたが、何℃で何分というのがしっかり決まっていて、うっかり忘れたりすると失敗しちゃうし、急に用事ができたりしても待ったなしだから困っちゃうんですよね。

その点、天然酵母はとってもファジーで、1次発酵が長すぎたら2次発酵を短めにするとか、急用ができたら冷蔵庫に入れて発酵をお休みさせちゃうとかができるから、融通がきいてカワイイのです。

生地をこねるのも、イーストの場合はたたきつけたりして力が要りますが、天然酵母はそれほど力を入れてこねる必要がありません。

味の点でも天然酵母のほうが断然おいしいし、なんといっても安全ですから、ぜひ天然酵母パンを作ってみてください。

天然酵母にもいろいろ種類がありますが、私はホシノ天然酵母を使っています。

天然酵母パンのおいしさは、この生種の作り方にかかっていると言っても過言ではないので、ここは気合を入れて作ります。

以前は30℃20時間、20℃40時間というのをいかにして持続させるかが大問題でとっても大変でした。

今は便利な生種発酵器がありますから、楽々です。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む

2007年11月07日

マクロビオティック 天然酵母のココア蒸しパン

choco mushipan10.jpg


私はめんどくさがりとか、おうちゃく者だと以前書きました。

それなら、なぜ、めんどうで大変そうな天然酵母のパンなんか作る?

と怒っていらっしゃるでしょう。

実は天然酵母のパンって、意外と簡単なんです。

こねたら、ほうっておくだけ、形にしたら、ほうっておくだけ。

気がついてふと見ると、


ふくらんでいるんだなー。


これがかわいくて、はまってしまいました。

作り始めてもう20年になります。

初めの頃は便利な生種発酵器がなかったから、温度管理が大変で、おふろに浮かべたり、発砲スチロールのケースに入れたり、こたつに入れたり、けっこう苦労しました。

今は、生種発酵器で簡単に生種が作れるし(私は正直村の生種発酵器を使っています)、
1次発酵や2次発酵は冬場だけは寒いので、冷蔵庫のとなりに置いたり、暖かい窓辺に置いたり、デロンギヒーターの横に置いたりしますが、基本はほったらかし、です。

少しぐらい発酵しすぎても、発酵がたりなくても、なんとかなっちゃうところが天然酵母のこれまたかわいいところ!

さて、作り方にいきましょう。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む