2009年01月22日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート28

kushi3-6.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Advanced━ 
       第6回(実習)



1.梅風味の玄米チャーハン
2.ふろふき大根
3.茶碗蒸し
4.昆布の煮物
5.グラノーラりんごコンポート


玄米チャーハンは梅干しとしょうゆで味付けするチャーハンです。玄米はパラパラしているので、チャーハンにはぴったりで、とてもおいしくできます。

ふろふき大根は、今回は、より陽性なふろふき大根を作るということで、煮始めから塩を入れ、最後にしょうゆと味噌で味付けしてさらに煮込みました。

茶碗蒸しは卵を使わないので、豆乳にニガリを加えて蒸して作りました。茶碗蒸しというよりは、やっぱり豆腐かな?

グラノーラりんごコンポートは、人参ジュースで煮たりんごコンポートにオートミールとナッツに米飴を加えたグラノーラを添えたもの。
これはフルーツを他のものに変えたり、ジュースをオレンジジュースにしたり、いろいろバリエーションが楽しめそうです。


この実習の日は、娘の学校の用事で試食タイムの前に帰らなければならず、私たちのグループはまだ盛り付けができていなかったので、先生のデモを写真に撮らせていただきました。


今回のアドバンスは、やむを得ず土曜の昼に受講したのですが、土曜の昼ってけっこういろいろ予定が入るので、やっぱり大変です!

講義の日はお休みしても、振替を平日の昼間にしてビデオ受講できるので大丈夫なのですが、実習の日はなんとかお休みしないで行きたいと思いがんばっています!

早退する日も多いので、最後の片付けができなかったりと、同じグループの方にはご迷惑をおかけしちゃうのですが、みなさんやさしい方ばかりで、笑顔で送り出してくれるのでありがたいです。



※このレポートはだいぶ前に通っていた時のものを書いたので、現在のカリキュラムとは若干の違いがあるかもしれません。ご了承ください。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪

2008年12月02日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート27

2008.11.4tsubomi.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Advanced━ 
       第5回(講義)


1.望診(健康状態の診断法)Ⅰ、Ⅱ
2.陰陽で健康状態を評価する方法
3.望診(東洋医学の診断法)入門


今回は、待ちに待った望診法の勉強。

望診法というのは顔を見ると、どこが悪いかわかるというもので、いったいどうしてそんなことがわかるのか、ずっと不思議に思っていました。


病気というのは陰陽のバランスのくずれからくるものですが、陰に傾いた状態、あるいは陽に傾いた状態は、その体の悪い部分にだけ現れるのではなく、体の全てに現れるので、顔という場所にも現れます。

たとえば、陰に傾くと体はゆるむので、顔の肌もゆるんではれぼったく湿った感じになります。陽に傾くと体は締まるので顔の筋肉も固くなり、肌の色は黒っぽくなって乾燥します。

また、望診法は内と外、左と右、中心と末端、頭と胴のように体の多くの分極性、双極性に基づいて考えられていることから、胴体の内側の状態が顔の表面やつくりに現れていると考えます。

マクロビオティックを全く知らない人でも、唇の両端が切れると胃腸が悪いとか、目の下にクマができると疲れているとか、顔の状態を見て体の不調を言ったりしますね。

これは、望診法がもともと東洋で発展したものなので、昔から言い伝えられてきたからでしょう。

いくつかをご紹介しましょう。

先ほどあげた唇の両端は十二指腸の状態を現しています。

目の下のクマは腎臓の腫れ、

目は肝臓(肝臓が悪いと黄色くなる、飲んだ翌朝は赤いなど)、

額が油っぽいと腸に油がたまっている、額に汗をかきやすいと腸に水分が多くゆるんでいる、

目と目の間の縦ジワは肝臓が固い、横ジワはすい臓が悪い、

鼻が腫れて赤いと心臓肥大、

などです。


なんだかアカデミィの先生と話をすると、「この人は陰性のものを食べ過ぎているな」とか「ずいぶん甘い物をたくさん食べたな」とか、私の顔を見てみ~んなわかっちゃうのかと思うと妙にはずかしいです。

と言いながら、私も家に帰ってから家族の顔をまじまじと見たりしちゃってますが!


※このレポートは以前通っていた時のものを書いたので、現在のカリキュラムとは若干の違いがあるかもしれません。ご了承ください。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


2008年11月04日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート26

kushi3-4.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Advanced━ 
       第4回(実習)


1.ひえともちきびのコロッケ
2.スプリットピースープ
3.豆腐タルタルソース
4.コールスローのプレスサラダ
5.黒米プディング かぶソース


ひえともちきびのコロッケは、穀物を使ったおかずです。

マクロビオティックでは穀物を全体の40~60%摂るようにと言われていますが、どうしても副菜が多くなりがちな場合には、穀物を使ったおかずを取り入れることを勧めています。

おかずに穀物が混ざっていれば、意識しないうちに穀物を食べることになりますから、例えば小さなお子さんで、ごはんが嫌いなんていう場合にはとても助かると思います。

コロッケの衣には普通は卵を使いますが、卵の代わりに小麦粉を水で溶いたものを使います。

今回はひえともちきびにごぼうとにんじんを炒め煮したものを混ぜましたが、穀物ならなんでもいいし、ひじきの煮物の残りを混ぜたり、かぼちゃなどの煮物を混ぜてもいいし、バリエーションは豊富です。


スプリットピースープはグリンピースを乾燥させたものを使ったスープで、アメリカではじゃがいもやベーコンをいっしょに入れるのが一般的なようなのですが、じゃがいもの代わりに山芋を、ベーコンの代わりに板麩を使っています。


豆腐タルタルソースはマヨネーズを使っていませんが、まさにタルタルソースそのものといった感じにできあがりました。玉ねぎ、ザワークラウト、ピクルス、パセリがいきています。

今回は揚げ物に添えるので、油消しのために大根も加えました。


黒米プディング・かぶソースはアジアンデザートの黒米プディング・ココナッツミルクの真似をしたもので、かぶでココナッツミルク風の味に仕上げるのですが、不思議とそれっぽい感じになるから驚きました!

やさし~い、いかにもマクロのデザートといった味でおいしかったです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


2008年09月29日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート25

kushi 3-2.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Advanced━ 
       第3回(実習)


1.おはぎ
2.白玉団子のお吸い物
3.味噌煮しめ
4.卯の花(おからの煮物)
5.春雨サラダ


写真のおはぎは、上からくるみ味噌、かぼちゃ、小豆です。

くるみは中国では脳の形に似ていることから脳に良い食べものと言われているそうです。善玉コレステロールを多く含むので、脳卒中に良いとか。

小豆は腎臓の形に似ているから腎臓に良い食べものと言われています。

形が似ているというのも不思議ですが、その似ている所に効くというのもおもしろいですね。

かぼちゃは皮の部分だけをよけて緑色のあんを作ったので、飾りを作って遊んじゃいました。

遊んでいるうちにだんだんおはぎの形がウサギの顔の形になったり、かぼちゃの形になったり、あんぱんまんになったりして、いろんなおはぎができました!


白玉だんごは水ではなく、絹ごし豆腐といっしょにこねて作ります。
よりなめらかな白玉だんごができるそうです。


煮しめは味噌味の煮物ですが、同じ材料で同じように作っても、煮汁を飛ばすと陽性にできあがるし、煮汁を残して仕上げると陰性にできあがります。また、調味料を先に入れると陽性、後から入れると陰性になります。


今回はこねこねしてクルクル丸めるものが多くて、みんなキャーキャーこどものようにはしゃいで楽しみながら作りました。



ベーシックの時は平日の昼間だったので、子どもたちが学校に行っている間にアカデミィに通うことができたのですが、アドバンスは平日は夜遅い時間しかなくて、やむをえず土曜日の昼間に通うことにしました。

子どもたちを家に留守番させているので、何かと心配でソワソワしたり、携帯に電話がかかってきて途中でぬけたりして、集中できないこともあります。

試食タイムも早めに切り上げて先に帰らせてもらうことも多く、2回ほど、こどもの用事でどうしてもお休みしなければならない日もあります。

それでも、こどもたちが「行っていいよ」と言ってがんばってお留守番してくれたり、仕事のない日は夫が助けてくれたりするおかげで、こうして通うことができるので、感謝の気持ちでいっぱいです。

あと残り8回がんばります!そして楽しませていただきます!

おいしいもの作るから、あと8回、お留守番よろしくね!



※このレポートは以前通っていた時のものを書いたので、現在のカリキュラムとは若干の違いがあるかもしれません。ご了承ください。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


2008年09月15日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート24

kushi 3-1_1.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Advanced━ 
       第2回(実習)


1.かぼちゃ入り玄米ごはん
2.スープ餃子
3.大豆のシチュー
4.ひじきのサラダ
5.蓮根の梅酢漬け
6.ごまプディング


今回のお気に入りはスープ餃子。

みんなでコネコネ楽しくいろんな形の餃子を作っちゃいました!

お肉の代わりにはセイタンミンチを使いました。

思っていたより簡単にできて、そしてとってもおいしかったです。


大豆のシチューというのは、「煮込み」という意味なので、要するに五目煮豆のこと。

煮物をする時みんながいつも気になるのは、どういう順番に重ねたらいいかということ。

一応、陰と陽のことを考えて悩むわけですが、先生いわく、

「こうしなければいけないというのはないので、自分で工夫してください」

とのことです。

陰性に仕上げたいとか、陽性に仕上げたいとか、キャベツをつぶさずに煮たいとか、味をよくしみこませたいものを下にするとか、その時のいろいろな状況を考えて決めればよいそうです。

それから、こんにゃくを使う時よく塩もみしてから使ったりしますが、塩でもむと陽性化するので、生活じたいが陽性に傾いている現代生活では、塩もみせずにゆがいてから使う方がよいそうです。


ひじきのサラダはひじきを陰性で食べるもので、長時間煮込むことはせず、野菜とまぜていただきます。

アメリカではひじきをりんごジュースと干しぶどうで煮て、レモン汁をかけて食べたりもするそうです。

ひじきと言えば煮物、ではなく、もっと柔軟に考えていろいろな食べ方をすることができるんだ、料理って奥が深い!と、なんだか感動!

ごまプディングは、私が甘い味のごまがあんまり得意ではないので、ノーコメントです!スミマセン!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪