2012年05月29日

経口補水液 熱中症対策

keikouhosuieki.jpg


近年、日本の暑さは異常ですね。

汗をかいてもそのまますぐに蒸発してしまい、汗をかいたことに気づかないほど気温が高くなります。

気を付けて水分を摂っているつもりでも、猛暑の中では脱水症状による頭痛が起きたりしてしまうこともあります。

そんな時には一刻も早く水分と塩分を補給しなければなりません。

脱水症状の予防、また、スポーツ時や山登りなどにはポカリスエットのようなスポーツドリンクが良いと言われていますが、スポーツドリンクは糖分がとても多く、また科学的に作られた成分がたくさん入っているので、どうしても抵抗感がありますね。


そこで、お手製の経口補水液 ORS(Oral Rehydration Solution)のご紹介です。
ORSとは主に下痢、嘔吐、発熱等による脱水症状の治療や熱中症の予防、治療に用いられる飲料で、水分と電解質をすばやく腸内に吸収できるようにナトリウムとブトウ糖の濃度を調整した飲料です。

この割合で作るのが1番吸収が早いという実験結果があるそうです。
(味噌汁で充分という方もいらっしゃいますが、吸収の早さという点ではやはりORSです。)

よくネットで紹介されているものと基本的には同じですが、白砂糖の代わりにてんさい糖を使っています。

日常的に飲むものではありませんが、困った時に作ってみてください。
お子さんがポカリスエットを欲しがった時の代用品としてもどうぞ。

レモンが入っているので、さわやかでとてもおいしいですよ!

500ccのペットボトルを使って簡単に作れます。


レモンの代わりに梅肉エキス(大豆1粒大)を入れるのも、梅ジュースのような味になっておいしいのでお試しを。


[材料]
水・・・500cc


てんさい糖・・・大さじ2(20g)
塩・・・小さじ1/4(1.5g)
レモン汁・・・小さじ2


[経口補水液の作り方]
1.500mlのペットボトルに水を入れ、Aを加えてふたをし、よく振って混ぜる。

※最近のペットボトルは550mlや555mlなどの物もあるので、水の量を間違えないようにご注意ください。
1リットルのペットボトルの場合は倍量で作ってください。


翌日にスポーツをする、山登りに行く、暑い場所へ行くなど、汗をかくことが予想できる場合は、前日から水分を多めにとっておくとよいそうです。



先日、ニュースで「熱中症を予防するために、今の時期からややきつい運動をして、 その直後に牛乳を飲むことが効果的だ」と報じられていました。

運動後にたんぱく質をとると、アルブミンが合成され、血液中のアルブミンが増えると、水分が引き込まれて
血液量が増えるのだそうです。

血液量が増えると、汗をかきやすくなり、体温が上がりにくい体になるそうです。

なんとも説得力があって「そうか~」と思ってしまいますね。
このニュースを観て、また牛乳を飲む人が増えてしまうのでしょうね...。

実際は牛乳でなくても、たんぱく質を含むものには、効果が期待できると考えられているので、豆乳でもOKのはずなんですが....!



夏の暑い時期でなくても脱水症状をおこしやすい時があります。
秋になって急に涼しくなり、のどのかわきを感じなくなった頃と、冬の乾燥した時期です。

汗はかかなくても皮膚から水分が蒸発していきますから、意識して水分をとらないと気がつかないうちに体内の水分が減少してしまいます。

2~3日続けて水分の摂り方が少ないと、ひどい頭痛がおきたり、便秘になったりするので気を付けましょう。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(経口補水液 熱中症対策 マクロビオティック レシピ)



posted by スミレコ at 15:16| Comment(7) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

イタリアンギョウザ マクロビオティックレシピ

italian gyoza.jpg


餃子の皮を見ると、なぜかときめいてしまう私。

ちょっと変わったイタリアンギョーザを作ってみました。

前回作ったソイチーズベジパスタの具にセイタンを加え、餃子の皮に包んでオーブンで焼きます。

外の皮がパリッとして、中はなぜかチーズっぽいイタリアンな香りいっぱいの、ちょっとおしゃれなぎょうざです。


唐辛子入りのオリーブオイルやタバスコなどをつけて、ピリ辛でお召し上がりくださいませ。


[材料]4人分

水・・・50cc
にんにく・・・・1片(みじん切り)


エリンギ・・・1本(サイの目切り)
にんじん・・・5cm(みじん切り)


セロリ・・・10cm(サイの目切り)
パプリカ・・・1/2個(サイの目切り)
豆腐・・・1/2丁(手で細かくほぐす)
セイタン(そぼろ)・・・大さじ2(水でさらさず、そのまま使う)



塩・・・小さじ1/3
こしょう・・・少々
ハーブソルト・・・少々
納豆・・・小さじ1/2(フォークの背ですりつぶしておく)
生バジル・・・・10~15枚(1口大にちぎる)
オリーブオイル・・・少々



ギョウザの皮・・・・1袋
なたね油・・・・少々

唐辛子入りオリーブオイル又はタバスコ・・・適量


[イタリアンギョウザの作り方]
1.なべに水を入れて火をつけ、にんにくを入れて良い香りがしてきたら、Bを入れてふたをし弱火で2~3分蒸し煮する。その後Cを加え、ふたをしてさらに2~3分蒸し煮する。最後に強火で水分を飛ばしてDを加える。
2.餃子の皮に1の具をのせ、縁に水をつけて2つ折りにする。オーブンの天板にオーブンペーパーを敷き、ギョウザを並べたら、なたね油を回しかける。
3.180度に温めたオーブンで10~12分焼く。


私のお気に入りのタバスコ(ハバネロソース)


マリーシャープス ハバネロソース HOT(中辛) 148ml/マリーシャープス/ハバネロ(スパイス)/税込...

ハバネロを使っているからとっても辛いのに、人参や玉ねぎ、にんにくなども入っているので、辛いだけじゃなくてとってもおいしいです。



なんだかずいぶんごぶさたしてしまい、ごめんなさい。
あわただしい毎日で、なかなかブログを更新できませんでした。

おかげさまで高校3年生の娘が、この春、無事卒業式を迎えました。

袴を着るだの、卒業旅行だの、謝恩会だ、最後の合宿だ、に加え、大学の書類提出、大学で着る服の買い物、大学生活に向けての様々な準備などなど、振り回されっぱなしの日々でした!
入学式の後は、すぐまたオリエンテーションキャンプに出かけます。

まあ、うれしい忙しさなので、文句は言えませんね。

幼さの残る甘えん坊の長女が、いったいどんな大学生になるのやら...!
少しお料理もしてくれるといいな~

ついでにお掃除も~!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(イタリアンギョウザ マクロビオティックレシピ)

posted by スミレコ at 13:53| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

豆きんとん マクロビオティックレシピ

mamekinton.jpg


明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も新しい年を元気に迎えられたことをうれしく思います。

昨年は大変な1年でしたが、命や生き方、自然、地球環境などについて真剣に考えることができ、大きな意味のある年でもありました。

今年は日本を始め、世界中が少しずつでも良い方向へ進んでいけるよう願っています。


さて、今年のお正月はシャトルシェフを使って豆きんとんを作ってみました。

てんさい糖をなるべく少なくすることで、甘さをぎりぎりまでおさえました。

物足りなくなるかな?と心配しましたが、いえいえ、そんなことはありません!

甘さを控えたことで、お豆の味が引き立ち、「こんなにおいしい豆きんとんは初めて!」と思えるほどおいしい豆きんとんができあがりました。

夫は「上品でおいしいなあ!」と感激し、お豆はあまり好きではない次女も「おいしい!!」と喜んでくれました。

毎年作りたい1品になりました。


[材料]
白花豆・・・200g(1袋)


水・・・・6カップ
重曹・・・小さじ1/2


水・・・1カップ
てんさい糖・・・・1/2カップ
塩・・・2つまみ



[シャトルシェフで煮る豆きんとんの作り方]
1.白花豆をきれいに洗ってから水を切り、Aといっしょに内なべに入れて火をつけ、沸騰したら中火にして5分煮る。(アクが浮いてきたら取り除く)
2.内なべを外なべに入れて1時間30分保温する。
3.内なべをとり出してゆで水を捨て、Bを加えて再び火にかけ、沸騰したら弱火にして5分加熱する。
4.もう1度、内なべを外なべに入れて1時間以上保温する。
5.豆がおいしく煮えたら、煮崩れていない豆1/2量を取り出し、なべに残った豆はめん棒などでつぶし、煮ながらきんとん状にする。(水分が多めのゆるいきんとん状にすると、冷めた時にちょうど良い)
6.取り出しておいた豆をなべに戻し、軽く混ぜてきんとんをからめる。


甘さが控えめなので、あまり日持ちはしません。
必ず冷蔵庫で保存し、2~3日以内にお召し上がりください。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(豆きんとん マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

野菜のテリーヌ マクロビオティックレシピ

vegetable terrine.jpg


早いもので明日はクリスマスイブ!

このところ超多忙な日々が続いていたので、家族への感謝の気持ちを込めて、クリスマスイブはがんばっておいしいお料理を作ろうと思っています。

前菜は最近気になっていた野菜のテリーヌに挑戦してみました!

切ったり並べたりと少々手間はかかりますが、工作をしているような感じで楽しみながら作ってみました。

見た目にも華やかで、そして野菜1つ1つの味がされぞれに楽しめる、なんともステキなオードブルです。


[材料]8cm×21cm×6cmHの型1本分
A.
水・・・400cc
金時人参
大根
ヤングコーン
エリンギ
セロリ
アスパラガス
ズッキーニ・・・・・以上の野菜は適量

白菜(キャベツでもOK)・・・5~6枚

長いも・・・適量

B.
野菜のゆで汁・・・400cc
塩・・・小さじ1/2強
寒天パウダー・・・小さじ2

C.
リンゴ酢(レモンやゆずのしぼり汁でもOK)・・・大さじ2
豆乳・・・大さじ8
塩・・・小さじ3/4

D.
オリーブオイル・・・少々
バルサミコ酢(好みで)・・・少々
粒こしょう(好みで)・・・少々
デイル・・・少々


[野菜のテリーヌの作り方]
1.白菜は上半分の芯の少ない部分を使う。野菜は細長い形に切っておく。
2.大きいなべに400ccの水を入れ、人参、大根を入れて火にかけ、沸騰したら、火の通りにくいものから順番に入れていく。(白菜と長芋は入れないでおく)
3.セロリ、アスパラガス、ズッキーニなどは火を通しすぎず、シャキシャキした歯ざわりを残す位のゆで加減で引き上げ、大皿に広げて冷ましておく。
4.他の野菜もそれぞれ良いタイミングで引き上げて、大皿に広げて冷ましておく。
5.残ったゆで汁に白菜を入れ、葉をやぶかないようにして、しんなりするまでゆで、引き上げて冷水につけ、水を切っておく。
6.長いもは別なべで2~3分ゆでておく。
7.5の残ったゆで汁でゼリー液を作ります。残ったゆで汁400cc(足りない場合は水を足す)に塩と寒天パウダーを加え、沸騰させて弱火で1~2分煮て火を止め、あら熱をとる。(ゆで汁が残らなかった場合はベジタブルブイヨンを使ってください)
8.型に大きめのサランラップを敷き、その上に白菜を敷く。野菜を1列詰めたら7のゼリー液を入れるというのを交互に繰り返し、最後に白菜をかぶせてラップでくるみ、冷蔵庫で4時間以上冷やす。
9.Cの材料を混ぜ合わせソースを作り皿に流し、その上に野菜のテリーヌをカットしたものをのせ、オリーブオイルをたらし、デイルを飾る。
好みで粒こしょうやバルサミコ酢などをかけてもおいしい。



中に入れる野菜はお好きなものを組み合わせてみてください。

野菜のテリーヌをカットする時は、良く切れるナイフでラップごと切るとうまくいきます。

皆様、どうぞステキなクリスマスをお過ごしください(*^^*)



作ってくれてありがとう黒ハート
つるちゃんがお節の前菜に野菜のテリーヌを作ってくださいました。
好評だったそうで「豆乳とレモン汁のソースが、味のアクセントになり、野菜そのもののうまさが際立っていました」とおっしゃっていただきました。ありがとうございます(^-^)



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(野菜のテリーヌ マクロビオティック レシピ)


posted by スミレコ at 11:35| Comment(3) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

ベジミートで酢豚風 マクロビオティックレシピ

subutafuu2.jpg


ソーファのベジミートをお店で見つけ、娘が食べてみたいと言うので買ってみました。

パッケージには「煮物や、カレー、シチューのお肉代わりに」と書かれているのですが、煮込むとお麩のように柔らかくなってしまい、私にはあまりおいしく感じられませんでした。

でも、煮込まずに炒め物に入れたら揚げたお肉のようでおいしかったので、これは酢豚のお肉の代わりに使ったら、きっとおいしいはず!と思って作ってみました。

予想通り、まるで油で揚げたお肉を入れた酢豚じゃありませんか!

家族にも大好評。これ、おいしいです!

ガッツリ食べたい時にどうぞ。


[材料]4人分

水・・・・100cc位
しょうが・・・1片(すりおろす)
にんにく(好みで)・1片(すりおろす)
人参・・・1/2本(小さめの乱切り)
れんこん・・・4cm位(いちょう切り)
しいたけ・・・3枚(4つに切る)
玉ねぎ・・・中1個(1口大に切る)
ピーマン・・・1個(1口大に切る)
ソーファのベジミート・・・・(1/2袋)50g



水・・・・60cc
酢・・・・・・・・・大さじ2
しょうゆ・・・・・・大さじ1強
塩・・・・・・・・・小さじ1/2程度
てんさい糖・・・・・小さじ1
くず粉・・・・・・・大さじ1


ごま油・・・・・・・少々


[ベジミートで酢豚風の作り方]
1.なべに水100ccを入れて熱し、しょうがとにんにくを入れて炒める。
2.人参、レンコンを加え、ふたをして弱火で柔らかくなるまで3~4分蒸し煮する。
3.玉ねぎ、しいたけ、ピーマンを加え強火で炒める。
4.少ししんなりしたら、ベジミートを加え、Bの調味料をよく混ぜ合わせて加える。
5.沸騰してから弱火にして2分ほど煮つめる。
6.汁気が多いようなら火を強くして、水気を飛ばす。
7.火を消してから香り付けにごま油少々を加えてサッと混ぜる。


水分が足りなくて焦げ付くようなら水を足してください。

お肉を使わずに、しかもこんなにお手軽においしい酢豚が食べられて、うれしいです!


煮物やカレー、シチューのお肉代わりに。大豆のお肉 ベジミート 味付けブロック 100g ソーファ...



皆様、お久しぶりです。

更新がなかなかできず、ごめんなさい。

毎日たくさんの方が訪問してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

上の娘の大学受験などで、あれやこれやと慌ただしくしておりました。

このブログを始めた時にまだ中学2年だった娘が、来年春には大学生になります。
月日のたつのが早くて驚いています。

私の頃とは違って、今は進学の選択の幅も広く受験の方法も様々で、何をどのように選ぶかがとても難しく、親子でずいぶん悩みました。

なんとか進路を決めることができ、新しい道に向かって飛び立って行こうとしている娘の後ろ姿を見ながら、そろそろ私の役目も終わるのかな、と感慨深い思いです。

まだまだ子どもっぽい娘ですが、大学で新しい友達や先生方と良い出会いをし、色々な経験をして、人間的に大きく成長してもらいたいな、と思っています。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ベジミートで酢豚風 マクロビオティック レシピ)







posted by スミレコ at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする