2014年10月23日

バターナッツのスープ マクロビオティックレシピ

butternut soup1.jpg


お友達からバターナッツかぼちゃをいただいたので、スープを作ってみました。

南アメリカ大陸が原産なので、アメリカではよく見かけるカボチャなのですが、ちょっと前まで日本では馴染みのないものでした。


ひょうたんみたいな形です。
butternut soup2.jpg


最近、あちらこちらのお店で目にするようになりましたね。

味はあっさりしていますが、とてもなめらかなので、スープでいただくのが一番良いと思います。

中身を切ったら、人参や柿のような鮮やかなオレンジ色で、なんだかおいしそう!
生で食べたらどんな味がするんだろうと思い、食べてみちゃいました。

甘さ控えめのメロンって感じ!

やっぱり君はウリなんだね〜。


[材料]
バターナッツ・・・1個(400〜500g位)
玉ねぎ・・・中1個(細かく切る)
水・・・160〜200cc(ひたひたにかぶる程度)
豆乳・・・200cc

塩こうじ(好みで)・・・小さじ1
塩・・・適量
こしょう・・・少々

オリーブオイル・・・少々
パセリ・・・少々


[バターナッツスープの作り方]
1.バターナッツは皮を取ってから、サイの目に切ってなべに入れ、玉ねぎと水を加えて柔らかくなるまで煮る。
2.バーミックスやミキサーを使ってなめらかなピューレ状にしたら、豆乳を加え、塩こうじ、塩、こしょうで味付けをする。
3.器によそってから、オリーブオイル少々をまわしかけ、パセリを散らす。


とても口当たりのよい上品でおいしいスープが出来上がり、家族にも大好評でした。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(バターナッツのスープ マクロビオティック レシピ)


posted by スミレコ at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

キヌアのサラダ マクロビオティックレシピ

Quinoa salad.jpg


キヌアは、国連が2013年を国際キヌア年と定めたことで一大ブームになりました。

他の作物が育たないような悪条件のもとでも栽培が可能で、しかも、栄養価が高いことから、今後の食料危機を救う「21世紀の主要食」として期待されています。

そんなキヌアをサラダにしてみました。

ヨーロッパのおしゃれなビーガンレストランの味にしたくて、コリアンダー(パクチー)を混ぜて大満足〜!
「サイコ〜においしい!」

でも、コリアンダーを嫌いな娘は大大ブーイング!
「カ、カメムシの味〜!」
(カメムシ食べたことないでしょーに!)

コリアンダーでなくても、どうぞお好みのハーブでお試しください。
チャイブ(西洋アサツキ)やイタリアンパセリがおすすめです。

キヌアは苦みが強く、独特な香りがして食べにくいと思われていますが、何度もよく洗うことでおいしく食べることができます。

キヌアの表面には苦みのあるサポニンという物質がついており、毒性があるため調理する前に水でよく洗うことが大切です。泡がたたなくなるまで、よく洗ってください。

娘が小さい頃、アレルギーでお米と小麦を除去していたので、このキヌアを使って、よく、ケーキやクッキーを作りました。雑穀の中ではクセがなくて意外と使いやすいと思います。

[材料]
A.
キヌア・・・100g(2/3カップ)
水・・・250〜300cc

B.
きゅうり・・・1本(さいの目切り)
人参・・・半分(細い千切り)塩をふっておく
レーズン・・・1にぎり
ミックスナッツ・・・1にぎり(細かく砕く)
コリアンダー(パクチー)・・・少々(細かくきる)

C.
オリーブオイル・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
レモン汁・・・大さじ1
ハーブソルト・・・適量
こしょう・・・少々


D.
レタス・・・2枚程度(適当な大きさにちぎる)
ベビーリーフ・・・1/2袋


[キヌアのサラダの作り方]
1.キヌアをボウルに入れ、泡がでなくなるまで4〜5回水を変えてよく洗う。
2.目の細かいザルで水を切り、なべに入れて水を加え、沸騰してから弱火で15分ゆでる。輪のような白いひげが出てきて、透明になったらOK。
3.ザルにあげて水気を切り、バットなどに広げて冷ましておく。
4.Bの野菜とCの調味料を加えて混ぜる。
5.レタスとベビーリーフをおいた上に盛りつける。

タマネギ、セロリ、パプリカ、ひまわりの種などを入れてもおいしいです。
お好みでどうぞ。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(キヌアのサラダ マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

蓮根とにんじんのキンピラ マクロビオティックレシピ

renkon ninjin kinpira_1.jpg


ありそうなのに今まで作ったことがなかった蓮根とにんじんのキンピラ

作ってみたら、なんておいしいのでしょう!

味付けはしょうゆだけなのにやさしい甘みがあってホッコリしちゃいます。

お弁当にもどうぞ。


[材料](4人分)
にんじん・・・・・・・中1本(千切り)
蓮根・・・・中1本(人参と同量)(イチョウ切り)
ダシ汁・・・100cc
とうがらし(好みで)・少々
しょうゆ・・・適量
ごま油・・・少々
白ごま・・・少々


[レンコンとにんじんのキンピラの作り方]
1.なべ、又はフライパンにダシ汁を入れて熱し、人参、蓮根、とうがらしを加え、フタをして弱火で5~7分蒸し煮する。
2.人参の甘みが出て人参臭さがなくなったら、しょうゆを加えて2~3分煮て水分を飛ばす。
3.水分がなくなったら火を消し、ごま油少々と白ごま少々を加えて混ぜる。


きんぴらを作る時、普通は最初に油で材料を炒めますが、油を高温で加熱するとトランス脂肪酸ができてしまうので、できあがって火を止めてから少量をかけるようにします。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(蓮根とにんじんのキンピラ マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

油揚げの蒲焼き マクロビオティックレシピ

aburaage kabayaki1.jpg


油揚げの蒲焼きを作ったら、ちょっとうなぎの蒲焼きに似ているかも?と思って、作ってみました。

娘たちは「ウナギみたい~!」と喜んでくれましたが、なにぶん普段あまりウナギを食べない人達なので...。

まあ、うなぎとはちょっと違いますが、これがけっこうおいしくてはまります。

山椒粉の風味がいい感じです!

オーブントースターで簡単に作れるので、おかずがもう1品欲しい時やお弁当のおかずにもぴったりです。

[材料]
油揚げ・・・1枚
しょうゆ・・・小さじ1
てんさい糖・・・小さじ1/2
山椒粉・・・適量

[あぶらあげの蒲焼きの作り方]
1.油揚げはキッチンペーパーではさんで軽くしぼり、油を取っておく。
2.しょうゆとてんさい糖をよく混ぜ合わせ、油揚げを浸す。
3.オーブントースターの天板にオーブンペーパーを敷いて2の油揚げをのせ、3分焼く。
4.もう1度表面にしょうゆとてんさい糖のタレをつけて、焦げないように1分ほど焼く。
5.焼き上がったら山椒粉をふって1口大に切る。


ちなみに、我が家ではタレをつけずに油揚げを焼いてから、しょうゆと七味唐辛子で味付けをするのも大人気です。(下の写真)

aburaage kabayaki2.jpg


どちらも甲乙つけがたいおいしさです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(油揚げの蒲焼き マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

油で揚げない大学芋 マクロビオティックレシピ

daigakuimo.jpg


大好きな大学芋を油で揚げずに作ってみました。

これなら揚げる手間もかからないし、ヘルシーです。

とってもおいしくできました!

大学芋って、私は「おかず」だと思っていたのですが、「おやつ」かな?とちょっと疑問に思いました。

家族に聞いてみたら、長女は「おかず」と言いましたが、夫と次女は「おやつ」だと言います。

調べてみたら世間でもやっぱり2つの意見に分れていて、どちらだとはっきり区別できないようです。

とりあえず、おかずということでアップしていますが、一覧の方では、スイーツのカテゴリーにも入れておきますね!


[材料]
さつまいも・・・中1本(300g程度)(1.5cm角の拍子切り)


てんさい糖・・・大さじ3
水・・・大さじ1


他に水大さじ1
黒ごま
なたね油少々(好みで)


[大学芋の作り方]
1.さつまいもを1.5cm角の拍子切りにする。まず斜めに1.5cmの暑さで輪切りにしてから棒状に切るときれいにできます。
2.オーブンペーパーを敷いた上に並べてオーブンに入れ、220度で20分位焼く。
竹串をさしてみて、スッとささればOK。
3.次にアメを作ります。
なべにAを入れて熱し、焦げ目がついて香ばしい香りがしてきつね色になったら、火を止めて大さじ1の水を加える。
4.焼き上がった芋を3に加えてアメをからめ、黒ごまをふる。
冷めるとくっつきやすいので、好みでなたね油少々をまわしかける。

思っていたより手軽にできて、家族にも好評でした!



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(だいがくいも マクロビオティック レシピ)


posted by スミレコ at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする