2007年10月24日

マクロを少しずつ始めるポイント

hana5.jpg

マクロビオティックを始めたいとは思うけれど、なんだか難しそうで、何を食べてよいのか、どうやって料理すればよいのかわからない、などと思われる方も多いと思います。

でも、そんなに心配しなくてもだいじょうぶ。
もっと気軽に始めてみてください。

もちろん基本を知ることは大切ですし、何を食べないほうがよいかとか、調理法などをわかっていることは必要ですが、
できることから無理をしないで少しずつ変えていけばよいのです。

そして、少しずつ変えていくうちに、調理法や陰陽のことなどがだんだんわかるようになっていきます。

少しずつ始めるためのポイントは,

1 お米を、玄米か分づき米に変えてみる。

2 野菜や豆、海藻などを増やしてみる。

3 お肉と、アルコール、砂糖をとる回数を減らしてみる。

4 無農薬、無添加などの食材を選んでみる。

こんな感じでよいのです。

そのうちにお肉があまり食べたくなくなってきたり、豆や海草を使ったおかずがおいしく感じられたりと、自然に体が変わっていきます。

また、無理に肉やアルコールや甘いものをやめようとしなくても、欲求がおきなくなるコツがあります。

そういう方法を少しずつ覚えていけばよいのです。

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いしまーす!Thank You!にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティックとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

食養、正食、マクロビオテイックの違いは何?

「食養」と「正食」と「マクロビオテイック」って、そっくりだけど少し違うみたい。いったいこの3つの関係って何なの?
と感じている方もいると思います。

実は、この3つの言葉は全部マクロビオティックをさしています。

なぜ呼び方がいろいろあるかというと、マクロビオティックが時代とともに変化してきたからなのです。


hana10002.jpg


「食養」という言葉を使ったのは、
マクロビオティックの生みの親である、石塚左玄(イシヅカサゲン)という陸軍の軍医です。

入隊した兵隊たちが次々と体調を崩したことから、伝統的な家庭料理の大切さに気づき、
「食をもって人体を養う」
「学童を持つ人は、体育も知育も才育も、すべて食育であると認識すべき」
などと説き、日本で初めて「食育」という言葉を使って、身土不二(しんどふじ)の考え方をとなえました。

続きを読む
posted by スミレコ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティックとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

マクロビオティックの食事法

マクロビオティックの食事法には、3つの原則があります。

ninjin0002.jpg


@身土不二(しんどふじ)


人は昔からその土地で育った食べ物を食べて生きてきました。私たち自身の体も、その土地の産物ということができます。
暮らしている土地でできる旬の食べ物をとることで、その土地の風土に適した体になり、健康を維持していくことができます。
たとえば、私たち日本人が熱帯地方でとれるトロピカルフルーツを食べると、体を冷やしすぎて体調をくずしてしまうことになります。
できるだけ国産の食べ物を食べるのがよいのです。


ingen0002.jpg    


A一物全体(いちぶつぜんたい)

食べ物の生命をまるごといただくということ。生命のあるものはすべてそれ一個で調和がとれていて、余分なものや無駄なものはひとつもありません。野菜は皮も、根も葉も生命の全体を食べます。
たとえば、玄米は水につけると芽が出てきます。胚芽を取りのぞいた白米を水につけても芽は出ません。玄米には生命力があるのです。
食べ物の生命をいただくことによって私たちは生かされているのです。そのことを忘れないようにしたいものです。そして、それは、収穫された食べ物の生命に感謝の気持ちを持つということにつながります。

renkon0002.jpg

B陰陽調和(いんようちょうわ)

地球上には相反する陰と陽の2つの力があり、全てがその2つの力でバランスがとれています。
身体をゆるめたり、冷やす働き、膨張力、精神をリラックスさせる働き、を「陰性」といいます。
反対に、身体を締め、あたためる働き、収縮力、精神の集中力を高める働き、を「陽性」といいます。
この二つの力のバランスがとれている中庸の状態が健康です。
食べ物の中にも陰性と陽性があります。それを季節や体調に合わせて上手に取り入れることが大切です。

応援クリックよろしくお願いしまーす!にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(1) | マクロビオティックとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

マクロビオティックとは?

kushi gaya


マクロビオティックって何でしょう?

マクロビオティック(Macrobiotique フランス語)
マクロバイオティクス(Macrobiotics 英語)
マクロ
マクロビ
食養
正食
玄米菜食

とも言われています。



マクロビオティックという言葉はギリシャ語が語源で、


「マクロビオス」は「自然に即した命のあり方」とか

「大いなる生命」などを意味しています。

「ティック」は方法という意味ですから、


「長く健康に生きるための方法」


ということになります。


   マクロ(MACRO)   ビオ(BIO)     ティック(TIC)
      大きい        生命        方法


マクロビオティックの考え方はとてもシンプルです。
続きを読む
posted by スミレコ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティックとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする