2008年04月26日

あえてマクロビオティックという必要はあるのか

flower4-26.jpg


昨日、こんなコメントをいただきました。


「マクロビにいい点があるのはよく理解できますが、それは、マクロビに限った話ではなく、多くの健康法が言っていることですよね。
逆に間違っていることも多いですよね。
スミレコさんもそれを感じていらっしゃると思うのですが、それでもマクロビを名乗らなくてはならないものなのでしょうか。

多少、はずれても、、、と、多くの人がはずれまくりながら、都合のいいところだけ取り入れながら、なんでもかんでもマクロビって言っちゃってるのに常々疑問をもっていました。
ちょっと調べようと思ったらこちらのブログをみつけたのでした。

スミレコさんも、マクロビアンであってもなくてもどうでもいいと思えるようになったとのことですが、それでもマクロビって言い続けるのでしょうか?
マクロビという世界から抜け出すってことはないですか?
もちろん、いい点は取り入れたらいいと思いますが、、、。」



おっしゃるとおり、私がマクロビと言い続けなければいけない理由はないと思います。
先日も夫と「スミレコ流健康食」とか新しい名前をつけちゃおうか、などと話していました。

あな吉のベジ的ごはん」のブロガー、あな吉さんをご存知ですか?偶然にも私のお友達のお友達なのですが、彼女も最初は「あな吉のマクロビごはん」というタイトルだったのをすぐに変更されました。マクロのハードルの高さが鼻につき、ゆるベジぐらいがいいとの判断からでした。でもマクロは取り入れていらっしゃいます。


マクロビオティックはとても奥が深く、すばらしいものだと思います。私も多くの部分では今のところその考え方を受け入れています。ただ、ほんの少し受け入れられない部分があり、100%受け入れていないということからすると異端児ということになるかもしれませんね。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 10:04| Comment(8) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

マクロビオティックを始めた理由

flower18.4.10.jpg


私が初めてマクロビオティックに出会ったのは20年ほど前のことです。

アンソニー・J・サティラロという医師の体験を綴った「がん━ある完全治癒の記録」という本を友達が紹介してくれました。
これはマクロビオティックによってガンを克服した手記なのですが、食べものによってガン細胞を死滅させることができると知り、大きな衝撃を受けました。

その後、河内省一著「健康食と危険食━東洋的食養の英知」やジョン・ロビンス著「エコロジカル・ダイエット生きのびるための食事法」などを読み、食べものが体に及ぼす作用を知り、肉食はやめようという思いがつのりました。

ところが、その当時は書店でもマクロビオティックの本はなかなか手に入らなかったし、インターネットもない時代だったので、自分なりに玄米やひじき、切り干し大根などを食べてみたり、肉、卵、乳製品をやめてみたりすること位しかできませんでした。
もしガンになったら本格的にマクロビオティックをやれば治るから大丈夫、みたいに思っていました。

その後長女を出産しましたが、長女はアトピー性皮膚炎で、米、ひえ、あわ、小麦、じゃがいも、とうもろこし、大豆、魚がアレルゲンであることがわかりました。皮肉にも、肉類、卵、乳製品は大丈夫で、マクロビオティックで食べるようなものがダメだったのです。

それで、やむなくマクロビオティックをあきらめました。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

安心して使える食器━森修焼

shinshuuyaki2.jpg


森修焼の食器を買いました。

なんか、とってもうれしいんです!

鉛やカドミウムを使っていない、安心して使える食器だからです。
自然健康陶器 森修焼ナチュラル茶わん 小
自然健康陶器 森修焼ミニマグカップ
自然健康陶器 森修焼ボール S


昨年、中国製の土鍋から鉛が検出された事件がありました。

中国製のメラミン樹脂の食器からホルムアルデヒドも検出されました。

食器を作る工程で安く作るために手抜きをすると、そういったことが起きるようです。

中国の食器は確かに心配ですが、実は日本の食器も安全とは言えないのです。

陶磁器の表面に光沢を出したり、絵付けをするために鉛やカドミウムが使用されているからです。イギリス、ドイツ、アメリカなどでも同じことです。

この森修焼を開発した谷口先生は、陶器の鉢にアサリを入れておいたら、アサリが死んでしまったのを見て、陶器に鉛やカドミウムなどの有害物質が含まれていることに気づいたそうです。

1987年に神奈川県の保健所で陶器の重金属テストをした結果は次の通りです。

「県内陶器店、デパート、スーパーマーケットなどの検体50体中、41体より鉛を検出、2体よりカドミウムを検出」

けっこう多くの食器から検出されているのがわかります。

熱い飲み物や、お酢などを陶器に入れると、その有害物質が溶け出して、私たちの体の中に入ります。

特に体の小さい子どもたちや、胎児への影響は大きいと思われます。

普段あまり気にせずに使っている食器ですが、やはり安全なものを使いたいですね。


ちなみに森修焼の重金属溶出試験の結果は下記の通りです。

無鉛健康陶器 森修焼試験結果(重金属溶出試験)

・鉛(Pb)  0.00
・カドミウム(Cd) 0.00
(愛知県瀬戸窯業技術センター)

それから、森修焼は高純度天然石を原料とし、高温で焼き上げた陶器のため、安全という以外にもよいことがあるんですって。

それはマイナスイオンと遠赤外線の影響で器の中に入れた食品や飲み物がおいしくなること!

一石二鳥ですね!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



posted by スミレコ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

映画「アース」

earth2.jpg


地球って、なんて美しいのでしょう。

映画「earth」(アース)を観てきました。


普段、都市の中に暮らしていると、ここが地球上であるということを完全に忘れてしまっていることもありますが、大自然の神々しい美しさや雄大さを目の当たりにすると、私たちは「地球」に住んでいるのだということに気づかされ、その偉大さに改めて感動します。

都市に住んでいる私たちが目にすることのない地球の素顔、それこそが本来の地球の姿であり地球の大部分を占めています。

46億年の時の流れの中で、地球は美しい大自然を作り上げ、様々な生き物が生まれ、進化し、その中の1つとして人間が存在していますが、

そのちっぽけな人間が、46億年の歳月をかけてできあがった美しい星を、今、滅ぼそうとしているのです。

地球温暖化の影響で北極の氷が溶け、ホッキョクグマはエサを獲る事ができず、絶滅が心配されています。

砂漠化が進んで、動物たちは水を求めてさまよい歩いています。


私たちの子どもが大人になる頃、地球はいったいどうなっているのでしょう?

環境が変わると私たち人間の食生活や健康にも大きな影響を与えます。

自然災害も増えるでしょう。

無事に赤ちゃんを産み、育て、生きていくことができるのかと、不安がよぎります。

今こそ、私たちは、人間が犯した罪の大きさに気づき、世界中の子どもたちや地球上に生きる全ての生き物のためにできる限りのことをしなければなりません。

早くしないと、もう間に合いません。

地球のために、あなたにできることは何ですか?


※自然保護活動や、地球温暖化を防止する活動を行っている世界最大の民間自然保護団体「世界自然保護基金」の日本支部WWFジャパンのホームページは→こちら


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてくださいな。あなたの1クリックが得点になり、励みになってがんばれます!にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

マクロビオティックへの家族の理解

yuuhan.jpg


お正月早々、なんと包丁で親指を切ってしまいました。バッド(下向き矢印)
そんなに重症ではないのですが、かすり傷程度というよりはちょっとひどく、傷口が開いてしまいそうで水仕事ができません。

昨日の夜から夫が皿洗いをしてくれたり、流しを洗ってくれたりしています。

そして、今日の夕食は夫と娘たち2人で作ってくれました。

普段は夫も子どもたちも忙しく、ほとんど私が作っているので、今日は私の指揮のもと、3人が奮闘してくれました。

「まず、ねぎをみじん切りにしてくださーい。」

と言うと、夫がねぎを冷蔵庫から出し、洗ってから一生懸命ねぎをみじん切りします。
洗って切るのは夫の担当。

「なべにごま油を入れて、ねぎとしょうがを炒めてね」

と言うと、上の子が火をつけて炒めます。
上の子は火の担当。

「カップにくず粉を小さじ2杯入れてね」

と言うと、下の子が計量スプーンでくず粉を計ります。
下の子は調味料の配合係り。

そうやってできあがった本日の夕食は、野菜炒めとマーボー豆腐、かぶの味噌汁です。

夫と娘たちの愛情という調味料が加わって、とってもおいしい夕食でした黒ハート

作っている本人たちもすごく楽しそうでした。

楽しそうに作っている3人を見ていて、こうやって自然にマクロビオティックの食事を作ることができるようになっていくって、いいことだなあと思いました。


マクロビオティックを始めようとする時に、家族の猛反対にあうことがあります。

今まで慣れ親しんできた食生活をやめて、全く違う食事になるのですから、まずく感じたり、もの足りなさを感じたり、がまんしなければいけないことも多く、不満がたまってしまうからです。

我が家でも、マクロビオティックを始めることにした時、やはり、いろいろありました。
続きを読む
posted by スミレコ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | 更新情報をチェックする