2009年03月06日

食物アレルギーが引き起こす様々な病気

flower 2009 2 17.jpg


長女が赤ちゃんの時、アトピー性皮膚炎の治療のために市川市民診療所の河野泉先生に診ていただいたことがありました。

河野先生はとても熱心にいろいろなことを勉強されている先生ですが、その当時としては、(今でも?)ちょっと変わった考えをお持ちでした。

多くの病気は食物アレルギーによって引き起こされていると言う考え方です。

たとえば、精神疾患、高血圧、狭心症、胃腸病、頭痛、めまい、生理痛、リウマチ、内臓疾患、不登校、引きこもりなどもそうです。

アレルギー治療の目的で先生のところを訪れて入院した患者さんが、入院中に食事制限をしていると他の持病も良くなってしまうということに気付き、詳しく調べていくうちにその関係がはっきりとわかってきたそうです。

私も、たまたま娘の治療で通っている最中に、手の関節が痛くなって箸も持てないようになったことがあり、河野先生に診ていただいたのですが、「それは何かの食べ物のアレルギー反応かもしれない」と言われました。

さっそく血液検査をしてリウマチ反応とアレルゲンを確認すると、やはり関節リウマチで、アレルゲンはトマトであることがわかりました。

「トマトでリウマチになる方は多いんですよ」

とその時先生に言われました。

食物日誌もつけていたので、真珠の粉から作ったカルシウムを食べると症状がひどくなっていることもわかり、トマトとそのカルシウムをやめたところ、症状はなくなり、2ヶ月後の血液検査ではリウマチ反応はなくなっていました。

最近では玄米などの胚芽、じゃがいも、バナナなどでもリウマチ症状が出ることに自分で気づきました。

関節リウマチの原因が全て食物アレルギーであるとは言えませんが、かなり多くの方の原因は食物なのではないかと私は思っています。

このように、多くの病気が食物アレルギーと関係があるので、治療をしてもなかなか病気が良くならないという方はアレルギーの検査をされることをお勧めします。

河野泉先生の本はとてもおもしろいので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

こう治す複合汚染アレルギー―食物アレルギー治療の新段階

アレルギーと食べもの

アレルギーと食べもの (食と健康を考えるシリーズ (2))


市川市民診療所ホームページ内ドクター河野のアレルギー講座

食物アレルギーの原因についても書くつもりでしたが、時間がなくなってしまったので、次回はアレルギーの原因について書いてみたいと思っています。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(食物アレルギーが引き起こす様々な病気)

posted by スミレコ at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

こどもの学校行事の旅行での食事

P1110437-1.jpg


この数日、中学生の娘の修学旅行の準備で買い物に出かけたり、荷造りをしたりと、あわただしい毎日を送っています。


旅行中の娘の1番の心配事は

「ごはん大丈夫かなあ?」

ということ。

このごろ油っぽいものや肉類、乳製品などを食べると、おなかが痛くなったりすることがあるので、外食する時もなるべくマクロやビーガンのお店で食べるようにしていますが、修学旅行ではそうも言っていられません。

今回は民泊といって一般の家庭に泊めさせていただくため、

「残したら悪いな−....。」

という気持ちもあるようです。

アレルギーのある子なども多いので、そういう子は一応「アレルゲン」が何であるかを記入して提出するようにはなっています。

でも、アレルギーがなくて、ただ単にビーガンであるとかマクロビアンであるという場合にはあまり希望を聞き入れてもらえない感じの空気があります。

(それでも以前に比べれば、1年位前からビーガンやマクロビアンでも希望を聞いてくれることが多くなってきたように思います。)

娘の場合はアトピーもあるので「アレルゲン」である玄米や、怖くて食べさせたことのないサバ、魚卵などはもちろん書きますが、肉類、卵、乳製品など、マクロビアンである娘本人が食べたくないと思っている物もついでに書いてしまいます!

けれども、民泊の場合は、やっぱりそこまで無理をお願いできないので、「普通に作っていただいて、食べられない物は残します」というような一文を追加しています。

そして、娘には「2泊や3泊のことだから、食べるものがなくてもご飯だけ食べていれば死なないから大丈夫!」と言ってあります。


10歳の娘の方は、お友達と同じものが食べたいとか、いろいろ微妙な心境があるらしく、毎回

「今度はなんて書く?」

と相談して決めています。

昨年は、

「サバと魚卵と牛肉はダメって書いておいて」

と言うので、その通りに書いたら、オムレツや唐揚げ、ウインナー、牛乳などが出て、結局ほとんど食べられなかったそうです。

アレルギーのある子が、代替品として豆腐を出してもらって食べているのを見て、今度はきちんと書こうと決意したのか、今年は、

「サバ、魚卵、肉類、卵、乳製品って書いて。」

と言っています。

宿泊先によっても対応はいろいろですが、前回の時に泊まったホテルでは、かなり細かい対応をしてくださったようで、アレルギーのある子にはそれぞれ別のお盆に特別メニューをそろえておいてくれたようでした。

特別メニューの子どもは1クラスに4〜5人いたそうです。

(その中にマクロビアンのこどもも数人含まれていました!)

アレルギーのある子もビーガンやマクロビアンの子も皆他の子と同じように食べることに心配をしないで旅行を楽しめるような世の中になってくれるといいなあ!と思います。


あっ、でもネ、帰ってくると

「ママのごはんがおいしいー!!」

と涙をこぼしそうなほど喜んで私の作る粗食を食べてくれるので、

少しは外でつらい思いをしてくることも大切かな!なんて思ったりもしてニンマリしてしまいます!



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(こどもの学校行事の旅行での食事)

posted by スミレコ at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

娘たちの成長ぶり

IMG_0622-1.jpg


夫と私で出かける用があり、娘2人を家に残して出かけました。

娘たちのお昼は例によって炊き込みごはん。

朝食が遅かったので1時半にタイマーをかけておきました。


米・・・・・・2カップ
水・・・・・・500cc
しょうゆ・・・・大さじ2
人参・・・・・・半分(千切り)
ごぼう・・・・・10cm(ささがき)
しめじ・・・・・ひとにぎり
ねぎ・・・・・・10cm(小口切り)

炊き上がったら、釜揚げシラス1にぎりを混ぜる。


「1時半に炊き上がるから、そうしたらシラスを入れて混ぜて食べてね!」

と言い、出かけました。

1時半を少し過ぎた時、10歳の娘から携帯に電話がかかってきました。

「ごはん炊けないんだけど」

「えーっ!!タイマーかけ間違えたのかしら!ごめーんあせあせ(飛び散る汗)もう1回スイッチ押しなおしてくれる?悪いけどあと40分待ってねあせあせ(飛び散る汗)

と言って電話を切りました。

40分後にまた電話。

「ママー、ごはん炊けないんですけどダッシュ(走り出すさま)


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ブログを続けていくこと

flower2008.6.23.jpg


ご家族との時間を大切にしたいという、あいやこさんのブログなちゅらるん♪べじれしぴを先日読んで考えさせられてしまいました。

実は私も4月の終わりにブログをやめようかと悩んだ時期があったのです。
やらなくちゃいけないことがたくさんあってとても忙しかったので、家のことや子どもたちのことはほったらかし、睡眠不足でウトウトしながら一生懸命ブログを更新する毎日。
何もかも中途半端になって、そして、心身ともにとても疲れてしまい、もうブログはやめようかなって真剣に考えました。

ブログをしていることで家族に迷惑をかけたり、いろいろなことにシワ寄せがいっていると感じてしまい、やっぱりブログをやめて家族のためにもっと時間を使わなければ...と思ったのです。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

トランス脂肪酸について

margarine.jpg


ガンや心臓病、糖尿病、認知症、メタボリックシンドロームなどをひきおこす原因と言われ、世界中で大きな問題になってるトランス脂肪酸

アメリカをはじめ、デンマーク、カナダ、オランダ、ドイツ、韓国など多くの国でトランス脂肪酸の削減や含有量表示の義務化などが行われていますが、あいかわらず日本ではまったく規制されていない状態が続いています。

サラサラの液体である植物油から安価なマーガリンやショートニングなどの硬化油(常温でもバターのように固まっている物)を作るためには、植物油を高温で熱し、高圧で水素を添加して構造を変化させるのですが、その過程でできてしまう副産物がトランス脂肪酸です。
プラスチックの構造にそっくりで、体内にとりこまれるとなかなか代謝されず、健康に大きな害を与えると言われています。

細胞膜に入り込んでしまうと、細胞は正常な働きをすることができなくなり、様々な病気をひきおこします。
60%が脂質で構成されている脳の働きにも大きな影響を与え、認知症や注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)にも関係しているといわれています。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする