2018年03月14日

JAL国際線フルーツミール

jal fruits meal2.jpg


先日娘2人と一緒に親子女子旅に出かけて参りました。

行き先は下の娘の希望でオーストラリアのタスマニア島。
島内の1/4が世界遺産というオーストラリア最南端の自然豊かな美しい島です。


wine glass bay.jpg
(タスマニア島フレシネ国立公園ワイングラスベイ)

メルボルンで国内線に乗り継ぐため、せっかくなのでメルボルンにも2泊してちょっぴり観光し、全部で8日間の旅となりました。


まずは成田空港とメルボルンの往復の飛行機で、長女が頼んだ機内特別食、フルーツミールをご紹介します。

以前ベジタリアンミールを頼んだ時に、豆料理が多くて長女は消化不良で苦しくなってしまったらしく、今回JALのホームページでこのフルーツミールを見つけ、これなら大丈夫そう!ということで事前に頼んでおきました。

成田からメルボルンに行く飛行機では、昼食、夕食とも上の写真のものが出ました。
パンなど他の物はまったくなく、笑っちゃうぐらい全てフルーツです。

帰りの飛行機は深夜便だったので、食べても食べなくてもいいように、出発後すぐに、水、りんご1個、バナナとポテトチップス入りの袋を渡してくれました。


jal fruits meal.jpg

こちらは成田到着前の朝食。

ヨーグルト、ヤクルト、ポテトサラダとスモークサーモンもついていました。


飛行機の中は自由に歩き回ることもできないので、運動不足になり、消化不良になりがちです。

飛行機の中であまり重たい物を食べると、辛い思いをすることになってしまいます。

出された機内食を全て食べなくてもよいので、残す、あるいは食べないという選択をするのも賢明です。


飛行機に乗ってから食べ過ぎないように気をつけるのはもちろんですが、乗る前から、消化の悪い物を食べないように気をつけ、整腸剤を飲んでおくと機内で快適に過ごすことができます。



次回はカフェの街メルボルンのベジ情報などをアップしますね!
melbourn.jpg
(カフェが多いメルボルンの裏道)


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(JAL 国際線 フルーツミール)

posted by スミレコ at 13:41| Comment(0) | 海外旅行 | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

デイルズフォード・オーガニック・ファーム コッツウォルズ

daylesford10.jpg


いよいよ旅の最終日です。

最後の目的地、コッツウォルズのデイルズフォードへと向かいました。

デイルズフォード・オーガニック・ファームへ行くためです。

私たちはオックスフォードからレンタカーを借りてコッツウォルズを回りましたが、ロンドンからこのファームを訪れるツアーもあります。


コッツウォルズの田舎道はこんな感じの本当にのどかなところです。
Cotswolds16.JPG


1番初めの写真は、デイルズフォードの入り口にあった自転車。
すっごくオシャレな看板です。

ショップはいくつかに別れて建っています。
daylesford20.jpg


ショップの入り口の収穫されたばかりのジャガイモやトマトたちがとってもかわいい!
daylesford14.jpg


中はどんなかしら、ワクワク!
daylesford15.jpg


ビニール袋に入ったりしていない、自然な感じのお野菜。生き生きしています。
daylesford2.jpg


天井の高い広い店内
daylesford17.jpg


ヨーグルトやバターなどの乳製品などがズラリと並んでいます。
daylesford5.jpg


デリコーナー。たくさんありますね!
daylesford6.jpg


チーズルーム
daylesford18.jpg


パンやお菓子もおいしそう!
daylesford19.jpg


ワイン
daylesford4.jpg


食器
daylesford3.jpg


東京の青山にもデイルズフォードの支店がありますが、コッツウォルズのほうがお値段はずっとリーズナブルに感じました。
興奮して、思わずお土産を大人買い!


せっかくですから、ショップの1番奥のレストランでお昼をいただくことにしました。


グリーンピースのスープとパン(900円位)
daylesford9.jpg



3種のサラダ盛り合わせ(1300円位)
daylesford7.jpg


サーモンコロッケ、タルタルソース(1450円位)
daylesford8.jpg


どれもみんなとってもおいしくって幸せ~!


この他に洋服、ガーデニング用品なども売られていて、エステもあります。

ヨガクラスやクッキングクラス、オーガニッククラス(畑の作り方?)などもあって、生活の全てを提案しているといった感じです。


ショップの裏側には広大な牧場や畑が広がっています。
daylesford16.jpg


空気がおいしくて雄大で、そしてオシャレで、とっても心が癒されるすばらしいファームでした。

心満たされ、思う存分いい気持ちになって旅を締めくくることができました。


たくさんのステキな思い出をお土産にし、また、絶対にいつか来る!そう心に決めてコッツウォルズを後にしました。

Cotswolds15.jpg



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(コッツウォルズ デイルズフォード・オーガニック・ファーム)

posted by スミレコ at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

パリからイギリスコッツウォルズ地方へ

paris4.jpg


ごめんなさい!
最初にあやまっちゃいます!

パリには、たくさんオーガニックやマクロのレストランがあるんです。
もちろん、オーガニックスーパーやオーガニックの市場もあります。

でも、どこにも行けなかったのです...。

なぜかというと、今回パリは丸1日しか時間がなく、しかも、それが日曜日にあたってしまったので、多くのお店はお休みでした。
市場も行ってはみたのですが、やっていませんでした。

それと、もう1つの1番大きな理由は、熱波がきていたために40度近くまで気温が上がり、暑くて暑くてあちこち回る元気がなくなってしまったことです。

普段は涼しい街なので、乗り物やお店に冷房がないということも多く、おまけに自動販売機の飲み物まで熱くなっていて、まいってしまいました!

というワケでとりあえず暑さにあえぎながら、行ったというだけの凱旋門の写真を載せてみました。


crispy fruit_1.jpg
このお菓子はパリを出発する時に駅の売店で買ったものですが、
ドライフルーツとシリアルだけを固めて作ったお菓子です。
お砂糖や添加物は入っていません。
フツーにこんな感じのヘルシーなものに出会います。

パリを出発して、朝早いユーロスターで再びイギリスへ向かいました。
今回の旅の1番の目的地、イギリスの真ん中にあるコッツウォルズ地方を巡るためです。

London18.jpg

London19.jpg
これはロンドンの駅の売店で買ったチョコボールですが、
裏に”Suitable for Vegetarians"と書かれています。
(単に植物性の油を加えてあるということのようですが。)

ヨーロッパでベジタリアンというと、だいたいラクトベジタリアンをさしていて、乳製品は使用されていることが多いですね。



コッツウォルズ地方はテムズ河の源流がゆったりと流れている丘陵地帯で、蜂蜜色の石(ライムストーン)と呼ばれる石を使った古い建物が建ち並んでいるかわいらしい町が点在しています。

Cotswolds14.jpg

言葉が思うように通じなかったベルギー、フランスからイギリスに入り、のどかで美しい自然の中で心が癒されました。

しかも気温は20度位で肌寒いほどですが、天然のクーラーのようで快適でした。

Cotswolds11.jpg
イギリスのホテルにはたいていたくさんの紅茶やハーブティーが置かれています。
その中にクッキーがあったのですが、このクッキーもやっぱりベジタリアン用に乳製品を使わずに植物油を使って作られている物でした!


Cotswolds12.jpg
イギリスのホテルの朝食はとても豪華です。
これ以外にたくさんのパンがつき、卵料理やベーコンなどを頼むことができます。

卵やお肉はいらないので、フルーツと、飲み物、パンとシリアル(牛乳はかけない)をいただきます。

昼食や夕食は上手に選べば
Cotswolds10.JPG
こんな感じの地元で採れた野菜のソテー(オリーブオイル使用)など、ヘルシーなものが食べられます。

お豆を使ったスープやサラダはどこでもあります。

バイブリーという町のThe Catherine Wheelというレストランに入った時、こんなお料理があって驚きました。
Cotswolds9.jpg
ナッツローフ(1400円位)というものですが、お豆と野菜を型に入れてオーブンで焼いたお料理です。
まさしくベジタリアン向けのものですね!


バイブリーは小さい村ですが、ウイリアム・モリスが「イギリスで一番美しい村」と絶賛したと言われる所だけあって、とってもステキでした。

これはバイブリーのトラウトファームとスワンホテル
Cotswolds4.jpg


14世紀に建てられた羊小屋、アーリントンロウ。有名な家並みです。
現在は住宅用に改造されていて、村人が住んでいます。
Cotswolds2.jpg



イギリスならではのマナーハウス(昔の荘園領主の館を使ったホテル)にも行ってみました。
Cotswolds5.jpg


お庭がイングリッシュガーデンになっていて、とってもステキ!
Cotswolds6.jpg


せっかくなので、娘たちにアフタヌーンティーを経験させてあげました。
CIMG4436-2.jpg
ちょっとだけ味見...!


マナーハウスの庭を散歩中に大きな虹がかかりました。きれいだな~黒ハート
Cotswolds1.jpg


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(パリからイギリスコッツウォルズ地方へ)

posted by スミレコ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

ブリュッセル オーガニックベーカリー「シャルリ」とブルージュ

Charli1.jpg


ブリュッセルにあるオーガニックの素材にこだわるパン屋さんCharli(シャルリ)に翌朝のパンを買いに行きました。

夕方だったので、残念ながら残りわずかで、クロワッサンとチェリーパイを購入。

翌朝、ブルージュへの出発は早い電車だったので、電車の中でいただきました。
つぶれちゃってますね(^^;)
Charli2.jpg
クロワッサン、何年ぶりかで食べました~!

Charli3.jpg


ブルージュ(ブルッヘ)は中世の面影を残す水の都。
ずーっとずーっとあこがれていて、今回どうしても行きたかった町。

Bruges5.jpg
ステキでしょ?


Bruges1.jpg
やっと訪れることができて、うれしい!


Bruges3.jpg


とても暑くて、のどが渇き、おなかペコペコでフラフラになったので、そこにあったTom pouceというレストランに入ってお昼を食べました。
Bruges2.jpg
ほとんどのレストランは店の入り口にパラソルを立てて、外で食事ができるようになっています。

観光客用の普通のレストランですが、野菜を使ったヘルシーなメニューがあったので、それを頼んでみました。

お豆のスープ
Tom pouce1.jpg


ベジタブルサラダ
Tom pouce2.jpg


ベジタブルバーガー、とメニューに載っていたので頼んでみたら野菜コロッケでした!
Tom pouce3.jpg
ベルギー名物のポテトはこちらでは「フリッツ」と言います。
フライドポテトはベルギー生まれなんですって。

あまりこだわらなければ、けっこう野菜たっぷりのヘルシーなお食事にありつくことができます。


Bruges4.jpg


ステキなステキなブルージュをあとにして、タリスの1等車両(ちょっと贅沢しちゃいました!)に乗って、華の都パリへ移動。


車内でジュースやワイン
THALYS3.jpg


それに、フルーツやペストリーの軽食が出ました黒ハート
THALYS2.jpg


パリ北駅(Paris-Nord)に到着。
paris2.jpg
駅は歴史を感じるすばらしい建物!


この日パリは熱波がきたとかで、なんと気温が42度まで上がったそうです。
夕方7時近くに到着したのですが、うだるような暑さ!

この暑さにめげたのと、6時頃に電車の中で軽食を食べてしまい食欲がなかったのと、連日のハードスケジュールの疲れが出たのとで、もう、夕食を食べに行きたくなーい、ということになり、近くのPAULというパン屋さん(日本にもありますね)でサラダとパンを買って、ホテルで食べました。
paris1.jpg


この時役に立ったのがいざという時のためにと日本から持って行った非常食のお赤飯。

おいしかった~!
食欲ない~!と言っていた娘たちが「おいしい、おいしい!」と食べていました。
お勧めです。

非常食、保存食の定番アルファ化米アルファ米 安心米 お赤飯 【防災グッズ 非常食 保存食】 【H...


華の都パリでお赤飯っていうのもなんですケド。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ブリュッセル オーガニックベーカリー「シャルリ」とブルージュ)

posted by スミレコ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

ブリュッセル  オーガニックベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」

Le Pain Quotidien1.jpg


ブリュッセルでの夕食はオーガニック素材にこだわるオーガニックベーカリーレストランLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)に行ってみました。

現在世界21ヶ国152店舗以上を展開している人気のお店ですが、実はベルギー生まれ。
そのブリュッセル1号店に行きました。

平日は19時、日曜は18時には閉まってしまうので、少し早かったのですが、17時前にお店に入りました。


ベルギーの人は暑くても外のテーブルで食事をするのがお好きなようで、お店に入る時に外のテーブルで男の人が食べていましたが、食べていたものがとてもおいしそうだったので、同じものを注文してみました。


キノワのサラダのプレート 14.50ユーロ(約1450円)
Le Pain Quotidien9.jpg

フムスと赤いディップのようなものがとってもおいしかったです。


お豆のスープとパン 4.50ユーロ(約450円)
Le Pain Quotidien6.jpg


野菜のタルティーヌ(田舎パンのオープンサンド) 9.20ユーロ(約920円)
Le Pain Quotidien8.jpg

とても体にやさしい味付けで薄味です。


サーモンのタルティーヌ 10.30ユーロ(約1030円)
Le Pain Quotidien7.jpg


ホットアップルジュース(しょうがとシナモン入り) 3.70ユーロ(約370円)
Le Pain Quotidien4.jpg


グリーンティー(器はオリジナル) 2.90ユーロ(約290円)
Le Pain Quotidien5.jpg

全部とってもおいしくて、感動~!
ビーガン対応のものもいくつかあります。
おいしいお野菜をたくさん食べることができました

円高なので、すごく安いです(^-^)


日本人はお豆と言うと大豆がほとんどですが、ヨーロッパではヒヨコ豆やレンズ豆、グリーンピース、白豆など、色々なお豆がスープやサラダに使われています。
キノワやワイルドライスなどの穀物も上手に使われていておいしいので、見習わなくちゃいけないなと思いました。


せっかくベルギーに来たので、お土産にベルギーワッフルを買いました! 2.70ユーロ(約270円)
Le Pain Quotidien10.jpg


おいしそうなシリアルも購入 6.60ユーロ(約660円)
Le Pain Quotidien11.jpg


パンの他にもお菓子やジャム、食器など色々売られていました。
Le Pain Quotidien2.jpg


木を使った温かみのある店内
Le Pain Quotidien3.jpg

この大きな机は相席をしてみんなで和気あいあいと食べるためのもので、ル・パン・コティディアンのどの店舗にもあるのだそうです。

テーブル越しにはじめて出会ったお客様同士が同じ空間、食事をこのテーブルと共に楽しんでほしいということなんですって。

午前中に行くと、このテーブルにはジャムやチョコレートスプレッドなどがいくつも置かれていて、自由にパンにつけて食べられるようになっているそうです。(残念ながら私達は夕方だったので、このサービスはありませんでしたが)

パンをたくさん残してしまったので、持ち帰りたいと言ったら袋に入れてくれたのですが、なんと量が倍に増えていてびっくりでした!
うれしかった~!


日本に帰って来てから、東京にも2店舗あることを知りました。
今度ぜひ行ってみたいと思います。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ブリュッセル  オーガニックベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」)

posted by スミレコ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | 更新情報をチェックする