2008年06月05日

「あまくておいしい!砂糖を使わない和風のお菓子」

wafuuno okashi.jpg


日本CI協会(リマクッキングスクール)の顧問でいらっしゃる田中愛子先生のレシピ本「あまくておいしい!砂糖を使わない和風のお菓子」は、おなじみパトリシオ先生の本と同じ主婦と生活社の「あまくておいしい!」のシーリーズです。

マクロビオティックではめずらしい和菓子のレシピです。

私はこれをクシガーデンで見かけたのですが、「これスゴイ!」と衝動買いしてしまいました。

ところてん、五平餅、わらびもちなどの簡単なものから、桜もち、麩まんじゅう、鹿の子、練りきり、などの本格的なものまで、お砂糖を使わないマクロビレシピの和菓子がたーくさん載っています。

こんなものまで作れちゃうんだ!という驚き!

「ホホッ!これ、私が作りましたの。」

なんて言いながら、美しい和菓子をお茶請けに出したらカッコイイなー!


和菓子を作ったことがなくても、

あんを作る
まんじゅうを作る
おだんごを作る
ぎゅうひを作る

のように和菓子の基本を写真でわかりやすく説明してあるので大丈夫!


日頃どうしても小麦粉や果物を使ったスイーツが多くなりがちですが、和菓子は米や豆を使うものが多く、本来食事でとるべきものと同じ材料であるところがすぐれた点です。


田中先生は本の中で
「陽性の性質を持った人間が陰性の甘味に魅かれるのは自然なこと。
甘いものがいけないのではなくて、甘いもので体を冷すことがいけないのだから、体を冷す砂糖ではなく、体を冷さない米あめや根菜を使って食養生に基づいたお菓子を作ればいいのです。」
と著しています。

洋菓子に比べ、体にやさしい和菓子。

これからは、やっぱり和菓子かなという気がします。

和菓子の世界にチャレンジしてみませんか?


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビ本紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、この本開いて眺めていた所だったからビックリしたぁ!
この本、いいですよね!私も大好き♡
私は洋菓子より和菓子派なので・・・もうこの本、みるだけで幸せになります。
Posted by 菜菜 at 2008年06月05日 21:09
菜菜さま
まあ!なんて偶然なんでしょう!^^
これだけきちんとした和菓子のマクロビレシピの本は他にないので、貴重な1冊ですよね。私も見るだけで幸せになっちゃって、ちっとも作っていないので、今度がんばって作ってみま~す。
Posted by スミレコ at 2008年06月05日 21:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99479760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック