2008年05月23日

トランス脂肪酸について

margarine.jpg


ガンや心臓病、糖尿病、認知症、メタボリックシンドロームなどをひきおこす原因と言われ、世界中で大きな問題になってるトランス脂肪酸

アメリカをはじめ、デンマーク、カナダ、オランダ、ドイツ、韓国など多くの国でトランス脂肪酸の削減や含有量表示の義務化などが行われていますが、あいかわらず日本ではまったく規制されていない状態が続いています。

サラサラの液体である植物油から安価なマーガリンやショートニングなどの硬化油(常温でもバターのように固まっている物)を作るためには、植物油を高温で熱し、高圧で水素を添加して構造を変化させるのですが、その過程でできてしまう副産物がトランス脂肪酸です。
プラスチックの構造にそっくりで、体内にとりこまれるとなかなか代謝されず、健康に大きな害を与えると言われています。

細胞膜に入り込んでしまうと、細胞は正常な働きをすることができなくなり、様々な病気をひきおこします。
60%が脂質で構成されている脳の働きにも大きな影響を与え、認知症や注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)にも関係しているといわれています。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへこれほどの危険性があるのがわかっているのにもかかわらず、先日スーパーマーケットに調査に出かけた時、いまだに数多くのマーガリンが山積みになって売られているのには驚きました。
しかも、低カロリーとか、体に良いというようなうたい文句で売られているものがたくさんあります。

日本ではケンタッキー、ミスタードーナッツ、ウェンディーズなど数社のファーストフード店やセブンイレブン、デイリーヤマザキなどのコンビニエンスストアーで、トランス脂肪酸を低減する動きも見られますが、全く改善しない企業がほとんどです。


なぜ日本でトランス脂肪酸の規制が行われないかというと、アメリカなどに比べて、日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少なく、健康への影響は少ないという理由からです。

日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少ないとのことですが、これはあくまでも平均値であって、実際には、たとえば、ファーストフード店でフィッシュバーガーとフライドポテト(スモールサイズ)を食べたらトランス脂肪酸の摂取量は4.5gになり、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)がこれ以上はとってはいけないと勧告している1日の摂取量2.23gを大きく上回ってしまいます。

摂取量が少ない人もいるかもしれませんが、多い人もいて、その人個人にとっては非常に危険にさらされているわけですから、規制をしない国の責任は大きいと思います。

「私はファーストフードは食べないから大丈夫」などと安心してはいけません。
ファーストフードばかりにトランス脂肪酸が含まれているのではないからです。

トランス脂肪酸を多く含む食品は、マーガリン、ショートニング、ケーキミックス、カップラーメン、冷凍食品、スナック菓子、クッキー、コーヒーフレッシュなど、数多くあります。
健康に良いものを取り扱っているはずの自然食品店でも、まだマーガリンを扱っていますし、自然食品店で売られているほとんどのお菓子類やパンなどにマーガリンやショートニングが使われています。

また、トランス脂肪酸を含まない食品であっても、油で揚げる、炒めるといった調理をすることでトランス脂肪酸が簡単に作りだされてしまいます。
油(不飽和脂肪酸)は150℃を超えると分子構造が突然変異をおこし、160℃を超えるとトランス脂肪酸ができ始め、200℃を超えると急激に増加します。
マクロビオティックでは揚げ物をすることが多いように思いますが、わざわざ体に悪いものを作って食べていることになります。

私たちは様々な場面で知らないうちに危険なトランス脂肪酸を摂取してしまっているのです。

トランス脂肪酸の危険性については、テレビなどでもかなり騒がれていたように思いますが、なぜ、多くの消費者が危機感を持たないのでしょうか。

百害あって一利なしのトランス脂肪酸に日本人はもっと危機感を持つべきではないかと思います。

「微量なら摂って良いもの」ではなく、「極力摂らない方がよいもの」なのですから。


トランス脂肪酸を含む商品を買わないのはもちろん、揚げ物や炒め物、それから、油を使ってオーブンで焼くような調理法は、極力避けたほうが良いと思います。

蒸す、煮る、ゆでるなどの調理法ではトランス脂肪酸が作られることはまずありません。

日本に昔からあった食材を使って、昔ながらの調理法で調理するというのが大切なことのようです。


参考文献:山田豊文著「病気になりたくない人が読む本」
    山田豊文著『病気がイヤなら「油」を変えなさい』


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ村から来ました。
ときどき拝見させていただいています♪

トランス脂肪酸は悪いとわかっていましたが、揚げ物でも摂取している可能性があることは知らなかったです。
こわいですね〜。
日本に昔からある調理法に戻って、
毎日の食事つくりを見直したいと思います。

リンクさせてくださいね。また来ます。
Posted by まゆぽんもん at 2008年05月24日 13:05
まゆぽんもん様
はじめまして。読んでいただいてありがとうございます。
知らないでいると怖いことが多いですよね。賢い消費者にならないといけないなあと思います。
こちらからもリンクさせていただきますね。また遊びにいらしてくださいませ^^
Posted by スミレコ at 2008年05月24日 21:59
漠然と「悪い物、避けよう」とは思っていました。
だけど、説明を求められると何と言っていいのか分からず。
この記事、勉強になりました。
揚げ物でトランス脂肪酸が作られてしまうとは…。
食を見直すきっかけになりました。
ありがとうございます。
最新記事の方から、応援ポチもして帰ります。
Posted by あおむし at 2010年05月02日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97719119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック