2008年04月12日

マクロビオティックレシピ はと麦と野菜のスープ

hatomugi soup.jpg


暖かくなってきたので、少し陰性タイプのスープを作ってみました。

はと麦は米よりも粒が大きいので、米に比べると陰性の穀物です。

サッパリとした味で、春から夏にかけてピッタリのスープです。

美肌効果もあるので、女性におすすめです。


[材料](4~5人分)
はと麦・・・・・・・・1/2カップ(よく洗い3時間水につける)
昆布しいたけダシ・・・5カップ
しいたけ・・・・・・・2枚(サイの目切り)
玉ねぎ・・・・・・・・中1個(サイの目切り)
にんじん・・・・・・・小1本(サイの目切り)
セロリ・・・・・・・・8cm(サイの目切り)
キャベツ・・・・・・・2枚程度(小さく切る)
塩・・・・・・・・・・適量
こしょう・・・・・・・少々(好みで)
ブロッコリースプラウト・・・少々


[作り方]
1.なべに、はと麦、昆布しいたけダシを入れて火にかけ、沸騰したらふたをして30分ほど弱火で煮る。
2.しいたけ、玉ねぎ、にんじん、セロリを入れ、10分ほど煮る。
3.キャベツを加え、しんなりしたら塩とこしょうで味付けし、2~3分煮込む。
4.器に盛り、ブロッコリースプラウトを飾る。


ちょうど、はと麦を煮込む時に出かけなければならなかったので、シャトルシェフを使って煮ました。

魔法瓶みたいになっていて、入れておくだけで火にかけなくても煮えるっていうおなべです。

家に帰ると、ちょうどいい具合に、はと麦がやわらかくなっていました!

あとは野菜を入れるだけなので、お味噌汁を作るのと変わらないくらい簡単にできました。

マクロビオティックでは穀物を摂る割合が40~60%と多いので、特に小さいお子さんなどは、ごはんだけでは摂りきれない場合があります。

穀物をスープに入れたりおかずに入れたりするとたくさん食べられていいですよね。

うちの娘たちは、

「これおいし~い!」

と喜んで何回もおかわりしていたのですが、食べ終わってしばらくしたら、

「苦しい...。」

と言って、2人ともパンパンにふくれたおなかをさすっていました!

そりゃ、どう見ても食べすぎでしょ!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック