2008年04月09日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート17

kushi2-6.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  

     ━Basic2━ 
      第6回(実習)


1.玄米巻き寿司&玄米おにぎり
2.マクロ鍋
3.切り干し大根の煮物
4.栗入り黒豆
5.野菜の水炒め(ウォーターソテー)


今回の玄米巻き寿司は楽しかったです!

この頃、自分で巻き寿司を作る人は少ないと思いますが、やはりほとんどの方が初挑戦だったようで、みんなでキャーキャー言いながら作りました。

上手に巻き寿司を作るコツは、

1.巻きすはツルツルの面を上にして置く。
2.海苔の裏表をまちがえないこと。(ガサガサが裏なので、その面を上にして置く)
3.海苔にごはんをのせる時、のりの上の部分1/3と下の部分1cmはごはんをのせないでおく。
4.ごはんの手前から1/3の位置に具をのせる。
5.海苔の端にごはんつぶをつけ、手前からしっかり巻く。

こんな感じですかね。

私の友達のお母さんは巻き寿司が得意で、運動会や遠足は必ず巻き寿司だったそうです。

お料理上手でいいお母さんって感じがして、なんだかうらやましいですよね。

巻き寿司をマスターすれば、お料理上手な感じに見える!?

さあ、みなさんがんばりましょう!


マクロ鍋というのは動物性のものを一切使わないお鍋のことですが
同じような意味のものに、マクドナルドならぬ「マクロバーガー」というのもあります。


今回のためになるお話

切り干し大根は週に2〜3回食べると良い基本食。

砂糖を入れずに甘く煮るポイントは、煮汁を全て煮含めること。

水分を残すとおいしくできません。


干した大根は内臓にたまった古い油を溶かしてくれます。

切り干し大根だけで追いつかない方は、切り干し大根茶(切り干し大根15gを水2カップで10分煮出す)を飲むと良いのですって。

ダイコンおろしは、今食べた油や血液の中の油を溶かしてくれます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92843247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック