2008年03月15日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート14

kushi2-3.jpg


クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール  
     ━Basic2━ 
      第3回(実習)


1.玄米ピラフ
2.はと麦と野菜のスープ
3.マーボー豆腐
4.ザワークラウトともやしのサラダ
5.イチゴ甘酒プディング


今回は春らしいメニューです。

玄米ピラフは炊く時にとうもろこしの芯をいっしょに入れて甘味やうまみをつけました。

ワイルドライスというお米をいっしょに入れましたが、初めて見るお米にちょっとびっくり!

お米とは思えない黒っぽい色と細長い形したが、いっしょに炊くと、ナッツのような食感と味で、おいしかったです。

はと麦のスープは陰性タイプのスープです。

はと麦は美肌効果があるので、女性におすすめだそうです。


私は学生の頃、調理実習がキライでした。

なぜかというと、いつもいいとこどりをする子がいたり、いつも皿洗いばかりの子がいたりして、みんなが楽しく作れなくて、気ばっかり使って疲れちゃうから。

でもアカデミィでは、みんな大人だから、そのあたりはとてもいい感じで分担しているようです。

洗い物も私は意外と楽しくて、私が石鹸で洗う係、もう1人がすすぐ係みたいに必ず2人でいっしょに洗うので、洗いながら

「どうして、マクロビオティックを始めたの?」

とか、

「代官山に新しいマクロのレストランができたんだって?」

などと、ペチャクチャおしゃべりしています。

話に夢中になって、調理するのを忘れちゃったり....!


1つのグループは8人で、5グループあります。

だいたいは同じメンバーで実習しますが、人数調整などで、時々違うグループに1人だけ移動しなければいけない時があります。

知らない人達に混ざって実習するのはちょっぴりドキドキして、気が進まないものですが、新しい人と知り合えるチャンスと思い、積極的に違うグループに出かけてみることにしています。

グループ毎に違うカラーがあったり、違うやり方があって、とてもおもしろいです。

同じものを作ってもグループによって味がかなり違うんですよ!

それから、調理実習をしているとアクシデントがいろいろあるのですが、それもけっこう楽しんでいます。

焦がしちゃったり、材料を入れ忘れちゃったり、入れる順番をまちがえちゃったり、分量をまちがえちゃったり!

全てがうまくいかないところが人生のおもしろいところですよね!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89711799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック