2008年03月05日

Q&A マクロでは油のオメガ3とオメガ6のバランスが悪いの?

oil.jpg


Q.マクロビオティックの食生活をしているとオメガ3オメガ6のバランスが悪くなると聞きましたが?

A.油(脂肪)には様々な種類がありますが、大きく分けると、動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、魚や植物油に多く含まれる「不飽和脂肪酸」に分けることができます。
「飽和脂肪酸」は悪玉コレステロールを増やすので極力控えた方が良い油です。
「不飽和脂肪酸」はさらに細かく、オメガ3系不飽和脂肪酸、オメガ6系不飽和脂肪酸、オメガ9系不飽和脂肪酸に分けられます。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
オメガ3系不飽和脂肪酸はα・リノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などで、、魚、エゴマ油、シソ油、亜麻仁油(フラックスオイル)、クルミ、海藻、根菜、葉物などに含まれます。コレステロール値を下げる働きや、がん予防効果があり、脳の働きを高める効果もあると言われています。

オメガ6系不飽和脂肪酸の代表はリノール酸で、紅花油、ひまわり油、コーン油、大豆油、ごま油、なたね油などに含まれます。リノール酸は血中の悪玉コレステロール値を下げる働きがあると発表されたことから、健康に良い油として脚光をあび、さかんに使われました。
ところが、実は長期的にみると、悪玉コレステロール値を下げることはなく、動脈硬化や心臓病、大腸がん、アレルギー性疾患などを引き起こすということがわかりました。

オメガ9系不飽和脂肪酸はオレイン酸で、オリーブ油、キャノーラ油(なたねを改良したもの)、新紅花油(紅花を品種改良したもの)などに含まれます。加熱しても酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす作用があります。

オメガ3とオメガ6は両方とも人間にとって必要な脂肪酸で、それぞれが、体内でうまく働くためには両方のバランスがとても大切です。

現代人は、オメガ3が少なすぎて、オメガ6を摂りすぎているのが現状です。理想は、オメガ3とオメガ6の比率は1:4と言われていますが、1:1で良いという説もあります。

マクロビオティックの食事では、この比率は理想的に摂ることができると言われていますが、揚げ物や油炒めが多かったり、スイーツに油を多く使ったりすると、大きく比率はくずれてオメガ6を摂りすぎてしまいます。

マクロビオティックというと、お肉の代わりに揚げ物を食べるイメージを持つ方も多いと思いますが、本来は油を極力控えたほうがよいのです。豆や穀物、ごまなどから必要な油を自然に摂れるので、意識して油を摂る必要はないのです。

油を使った料理が多い方はオメガ3とオメガ6のバランスがくずれることがありますから、気をつけましょう。

ちなみに、加熱料理には、リノール酸が少なくて酸化しにくいオメガ9のオリーブ油をほんの少量使うのがおすすめです。

オメガ3の亜麻仁油(フラックスオイル)は加熱は厳禁なので、サラダなどに使います。


参考文献:奥津典子著「オーガニックベース マクロビオティックと暮らす」
    山田豊文著「病気になりたくない人が読む本」
    山田豊文著『病気がイヤなら「油」を変えなさい』


追記(2008.2.6):オメガ6はリウマチなど関節の痛みをひどくし、オメガ3は痛みを減らす作用があるそうです。
また、オメガ3はうつ状態を改善する効果もあるそうです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティックQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。マクロビオティックのおせち料理について調べていましたら、幸運にもこちらのブログにたどり着きました\(^o^)/
そして、私が一番気になっていましたオメガ3と6油について書いてくださっていたのでびっくり&感激です♪現在妊娠中なのですが「胎児の脳神経系の発達のためには妊娠中にDHAやEPAを積極的に摂取する必要がある」という記事を雑誌等で見ましたので魚から摂取する代わりに!とフラックスオイルを購入しました。でも、もともと油脂を生の状態で摂取する習慣が無いためか体が受け付けず食べると嘔吐してしまうので、今は止めています。難しいですね・・・。
こちらのブログではとてもわかりやすくマクロビオティックについて説明してくださっているので、とてもうれしいです。レシピも公開してくださっていてありがたいです(^_^)vさっそく親子丼みたいなかぼちゃと豆腐の丼にチャレンジしてみたいと思います。
Posted by kurotuma at 2008年12月17日 13:32
kurotumaさん、初めまして!読んでいただいてとってもうれしいです。ありがとうございます。
フラックスオイルはとても良い油と言われていますが、体が受け付けないのなら合わないのだと思うので、やめておかれたほうがいいと思います。体に良い物の情報はいろいろありますが、やはり最後は自分の体の声を聞くことが1番大事だと思っています。私もこの数年で体に合わない食べ物がずいぶんわかってきました。
オメガ3系不飽和脂肪酸は本文にも書いた通り、エゴマ油やシソ油などにも含まれますので、体に合うものから取り入れるようにしてみてください。
悪い油を極力とらないようにすることでもバランスを取り戻すことができますので、いろいろな方法を試してみると良いと思います。
妊娠期間中は大変だと思いますが、とても大事な時ですから、めげずにがんばってくださいね(^-^)妊娠中、私からの1番のお勧めは良質な非活性のカルシウムを摂ることです。
Posted by スミレコ at 2008年12月18日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88426652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック