2008年01月22日

マクロビオティック ピクルス

pickles2.jpg


マクロビパーティーメニューレシピ③

ピクルスは西洋に古くから伝わる酢を使った保存食で、日本でいえば漬物にあたります。

長持ちさせるためには、保存容器や調理に使うスプーンなどを熱湯消毒したり、野菜を1度ゆでたりして雑菌が入らないように細心の注意をはらって作ります。

けれども、2~3日で食べきってしまうのであれば、そこまで気をつかう必要はありません。

ピクルスの作り方には色々な方法がありますが、どれが正しいとか正しくないというものではありません。

一般的には、漬け汁は1度沸騰させてから、さまして使います。

野菜は前もってサッと熱を通す方法と、塩水に半日ほど漬けておく方法がありますが、どちらでもお好みの方法でよいと思います。

漬け汁の味付けも様々です。

ワインビネガーと白ワインを同量合わせるのが多いですが、白ワインの代わりに水を使っても大丈夫です。甘味料の量も好みで決めます。

香辛料も、ロリエ、オールスパイス、コリアンダー、ローズマリー、エストラゴン、タイム、セージ、しょうが、にんにくなど、好きなものを使います。

マクロビオティックではシナモンやこしょう、クミン、ターメリックなどの熱帯産のハーブは避けた方がよいとされています。


今回はカリフォルニアから来た奥様が糖尿病なので、甘味料は加えませんでした。

ちょっと酸味がきついかもしれませんので、お好みでてんさい糖などを大さじ1~2加えてください。

西洋の人は肉(陽性)を食べるので、かなり酢が強いもの(陰性)を好むようです。

入れる容器は、金属製のものは避け、ガラスやホーローのものを使います。


[材料]
塩・・・・・・・・5g
水・・・・・・・・500cc
A
大根・・・・・・・4cm
にんじん・・・・・4cm
赤パプリカ・・・・1/4個
黄パプリカ・・・・1/4個
きゅうり・・・・・1/2本
B
ワインビネガー(今回はリンゴ酢)・・・250cc
水・・・・・・・・250cc
塩・・・・・・・・大さじ1と1/2
とうがらし(好みで)・・・・1本
ロリエ・・・・・・1枚
にんにく・・・・・1片
しょうが・・・・・1かけ

[作り方]
1.Aの野菜を拍子切りにし、水500ccに塩5gを混ぜた塩水に半日漬ける。
2.Bを鍋に入れ、沸騰させてから耐熱容器に入れてさましておく。
3.野菜の水気をよく切り、2の容器に入れて冷蔵庫に入れる。1日たてば食べ頃。


ピクルスを食べてしまって漬け汁が残ったら、もう1度沸騰させてさまし、新たに野菜を漬け込めば3回位使えます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてくださいな。あなたの1クリックが得点になり、励みになってがんばれます!にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80122407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック