2007年11月23日

クシマクロビオティックアカデミィ レポート4

kushi4.jpg

クシマクロビオティックアカデミィ クッキングスクール
     ━Basic1━
      第4回(実習)

1.玄米炊き込みごはん
2.野菜のポタージュ(玉ねぎ、かぼちゃ)
3.テンペ野菜あんかけ
4.とんぶり山かけ小松菜おひたし
5.あわとりんごのコンポート
6.漬物(白菜漬け)


スケジュール表に、今日の先生は中島先生と書かれていて、
それは、ずーっと前から知っていたのです。

でも、それが中島デコさんだっていうことは、教室で先生に会うまで、ぜーんぜん気づかなかったんです。

だから、もうびっくり!でした。

そうか、「中島さん」かあ!

なんか、私の中では「中島デコ」という1まとまりの名前が中島デコさんであって、「中島さん」は違う人だったんですねえ。

「中島デコのマクロビオティック パンとおやつ」は私のお気に入りのレシピ本でしたから、真っ先に思ったのは、

「あー!本を持ってきてサインしてもらえばよかった...バッド(下向き矢印)

まあ、そんなことはどうでもよいことなんですが、とってもチャーミングでステキな方で、大感激でした。



さて、野菜のポタージュを作る時、かぼちゃを裏ごしするのにムーラン(テリエ社 ムーラン西洋漉し器 ステンレス製 直径240mm)を使いました。

ムーランというのは、手動でグルグル回すフードプロセッサーのような物なんですが、

「フードプロセッサーみたいな機械を使うよりも手でうらごすほうが、荒々しいエネルギーが食べ物に伝わらないからいいのよー。」

なんて言いながら、デコ先生は、

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグル.....

「質問があったら途中でもいいから聞いてくださいねー」

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグル......


そこで質問。

「デコ先生はお家でも、このフードミルを使っていらっしゃるんですか?」

「いいえー!うちは人数がすごーく多いのでフードプロセッサーでーす!」

一同、ホッ!

まあ、時と場合に応じて使い分けるということですね。


今日のデコ先生のお話の中で心に残ったお言葉。

「もし変な物を食べてしまって、くずれちゃったらマクロに戻ってくればいい。

みけんにしわよせてマクロやることはない。

楽しむためにマクロをする。遊びたいからマクロする。

病気してたらもったいないでしょ!」

なんか、ステキ揺れるハート

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてくださいませ。あなたの1クリックが励みになってがんばれます!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68656170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック