2007年11月17日

かぼちゃのマフィン マクロビオティックスイーツレシピ

kabocha muffin5.jpg


マクロビオティックを始めた時、お肉や乳製品、たまごをやめるのは、それほど大変ではありませんでした。

食べなくても、別にどうってことはないし、むしょうに食べたくなるということもありませんでした。

でも、

甘いものは食べたくて食べたくて食べたくて.....!

とにかく、いてもたってもいられない!

1日中冷蔵庫を開けたり閉めたり、

お菓子を入れてあるバスケットの中をゴソゴソ探したり、

米あめをなめてみたり、

メープルシロップをなめてみたり、

干しぶどうを食べてみたり、

パンをかじってみたり、

忙しいこと、忙しいこと!


自然食品店に行っても、たいていのお菓子にはお砂糖や乳製品やショートニングが入っているから、食べられるものはほとんどありません。

そんな時、クシマクロビオティックアカデミィで簡単なスイーツの作り方を教わったことが、とっても役に立ちました。

安心して心おきなく食べてシアワセになれるスイーツ揺れるハート

パトリシオ先生やデコ先生の本のレシピにも、どれだけ助けられたことでしょう。

普通のお菓子を、ただ食べるのをやめようと思っても、それに代わるものがなければ無理なんです。

だから、マクロビオティックのお菓子のレシピを知っていることは、とーっても大切です。

さあ、今日はかぼちゃのマフィンです。


[材料]
かぼちゃ・・・・・・125g
豆腐・・・・・・・・65g(水切りする)


メープルシロップ・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・少々
シナモンパウダー・・・小さじ1
レーズン・・・・・・・30g

小麦粉・・・・・・・・90~100g
アルミニウムフリーベーキングパウダー・・4g


[かぼちゃのマフィンの作り方]
1.かぼちゃは蒸して皮を取り、つぶす。
2.とうふを加え、つぶしてまぜる。
3.Aの材料を加えてまぜ、そこにふるった小麦粉とベーキングパウダーを入れて軽くまぜる。
4.かぼちゃや豆腐の水分によって小麦粉の分量に差が出るので、調節して、ねんどより少しやわらかい位にする。
5.オーブンペーパーをしいた上に直径5cm位の大きさに丸めたものを並べ、170℃に暖めたオーブンで15~20分焼く。

ポクポクのかばちゃだと、ほっこりと出来上がるし、水分が多いかぼちゃだと、中がどっしりした感じになりますが、どちらもおいしいですよ。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(かぼちゃのマフィン マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 15:43| Comment(1) | TrackBack(0) | スイーツレシピ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カボチャのマフィン
おいしそうです
素敵なレシピ有り難うございます
Posted by ryuji_s1 at 2011年08月17日 08:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67102547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック