2007年10月26日

Q&A圧力なべは不自然?

aturyokunabe.jpg

Q.圧力なべは人間が昔から使っていたものではないので、圧力なべを使った調理法は不自然ではありませんか?

A.昔の人はごはんを炊くのにお釜を使っていました。

お釜のふたは木でできていましたが、かなりの重さがあり、自然に圧力がかった形でごはんを炊いていたのです。

ですから、圧力をかける調理法は不自然なものではないと考えています。

余談ですが、土鍋を使ってごはんを炊く時もふたの上に重しをのせて炊くと、おいしく炊けます。

それから、圧力なべを使う場合、1つ気をつけていただきたいことがあります。

短時間でやわらかくなって便利だからといって、なんでもかんでも圧力なべで調理しないようにしてください。

圧力をかける調理法は食べ物を陽性にします。

陽性にかたよったものばかり食べ続けていると、体のバランスが陽性にかたよって体調をくずす原因になります。

圧力をかけたもの、かけないもの、煮込んだもの、サッと火を通したもの、生のもの、など、いろいろな調理法でバラエティー豊かなメニューになるようにしましょう。

それから、圧力なべは、なるべく底の厚いもの、ステンレス製のものを選ぶとよいでしょう。

メーカーによって圧力がかかった時にシュッシュッと音のするもの、しないものがあります。

音がうるさいのはイヤという人もいますが、音がすると沸騰したことがわかりやすくていいという人もいます。
好みで選んでください。

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いしまーす!Thank You!にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
posted by スミレコ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62598485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック