2014年02月05日

Cantonese “燕”KEN TAKASE

Cantonese En2.jpg


娘の誕生日のお祝いにCantonese “燕”KEN TAKASEに行きました。

「美味しくて健康的な料理」を提唱する本場広東料理レストランです。

2012年10月にリニューアルした東京ステーションホテルの地下のオシャレで洗練されたレストランスペースにあります。

シェフのKEN TAKASE氏はシェラトン・グランデ・トウキョウベイホテルやホテル日航東京などで腕を磨いた後、マンダリンオリエンタル東京の「カントニーズダイニング SENSE」で初代料理長を務め、ミシュラン一つ星を獲得したすばらしい経歴の持ち主です。

ここを訪れるのは2回目ですが、とってもお気に入りのお店になってしまいました。

3000円のベジタリアンランチコースをいただきましたが、5000円位のコースをいただいたような満足感があります。

全てお野菜のみで作られているとは信じられないほど、コクやうまみがあって、ボリュームもあります。

盛りつけも美しいし、ホントにすばらしいの一言です!


上の写真は
健康野菜の特製オードブル四種盛り合わせ
左上から
大豆ミートに黒酢を和えたよだれ鳥風
紅しぐれ大根、こまつなとハイビスカスゼリー
コールラビのつけものザーサイ風
ウコンレンコンと白菜の甘酢漬け

8年物の鎮江香醋(黒酢)がコクがあって深ーい味わいでした!


人参とビーツの広東スタイル大根餅仕立て オリジナルVXO醤ソース
Cantonese En3.jpg


VXO醤ソースというのはベジタブルXO醤という意味で、カキを使わずキノコ等で作った自家製だそうです。


三種の豆(眉豆、緑豆、赤豆)と根菜のベジタブルスープ
Cantonese En4.jpg


野菜の甘みがしっかり出ていてやさしい味わいのスープです。


大豆ミートとピーマン、季節野菜の細切り炒め
Cantonese En5.jpg


三角形のものは揚げゆばです。


豚肉に見立てた大豆ミートと季節野菜の酢豚風 中国鎮江黒酢とザクロビネガーの甘酢ソース
Cantonese En6.jpg


ザクロジュースと黒酢でソースを作ってあるそうです。


中国産紅麹味噌入り坦々春雨ヌードル
Cantonese En7.jpg


辛いものがお好きな方にはたまらないおいしさ!


梨、なつめ、白きくらげ入り香港スタイルの伝統デザートスープ
Cantonese En8.jpg


真ん中は生姜のゼリーとディル。杏仁とクコの実が入っていて色々な風味が楽しめます。
やさしい甘みのスイーツ。
まさしく香港の味です!


清香黄金桂
Cantonese En1.jpg


清香黄金桂(800円)という黄金色のキンモクセイのような香りのお茶をいただきました。


どのお料理も本当においしくてかなりの高得点です。

その時々でコースの内容が少しずつ変わり、揚げ物があったり、麺の味付けも変わるので、それもまた楽しみですね。

東京駅にいらした折りには、ぜひ1度お出かけになってみて下さい。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(Cantonese “燕”KEN TAKASE )


この記事へのコメント
スミレコさん
お嬢様のお誕生日おめでとうございます

Cantonese “燕”KEN TAKASE
素晴らしいレストランですね
お料理美味しそうです
オシャレで
素敵です
楽しいひとときですね
Posted by ryuji_s1 at 2014年02月05日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387072739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック