2010年06月08日

おいしいセイタンソテー マクロビオティックレシピ

seitan saute.jpg


セイタンというのは小麦グルテンから作られた植物性タンパク質のかたまりで、お肉の代用食として使われるものです。

セイタンという名前は桜沢如一先生が命名されたのですが「生粋の純植物性蛋白」の生と蛋を取って「生蛋」(セイタン)なんだそうです。

実は私はセイタンがあまり好きではなく、ほとんど料理に使ったことがなかったのですが、あるお店でびっくりするほどお肉にそっくりでおいしいセイタンソテーを食べて以来、いつかおいしいセイタンソテーを作りたいと思っていました。

あれやこれや、試作を重ね、

ジャ〜ン!

ついにおいしいセイタンソテーを作ることに成功しました!

ので、ご紹介します。

ポイントが2つあります。

1つはアリサンのセイタンを使うこと。

オーサワジャパンのセイタンは味付けがとても濃いのと、どちらかというと牛肉っぽくできているので、他のお料理に適しています。

アリサンのセイタンはどちらかというと豚肉に似ています。

2つ目のポイントは、せっかく味付けしてビンにはいっていますが、水の中でよくもんで、味を落とすこと。

よく味を落とすことで、塩辛さが抜けるのと、セイタン特有の臭みや味、ビン詰めっぽい味が抜けるからです。

その後で下味をつけてソテーすればOKです。


[材料]
アリサンのセイタン・・・4切れ(水の中で2分ほどよくもみ洗いしてしぼる)
塩・・・2つまみ
なたね油・・・小さじ1/2
にんにく・・・1/2片(すりおろす)


[おいしいセイタンソテーの作り方]
1.材料をボウルに入れてセイタンをよくもんで調味料を吸いこませる。
2.フライパンにオリーブオイルを薄くひき、弱火で4〜5分ふたをして両面焼く。


しょうゆ味の場合

[材料]
アリサンのセイタン・・・4切れ(水の中で2分ほどよくもみ洗いしてしぼる)
しょうゆ・・・小さじ1
なたね油小さじ1/2
にんにく・・・1/2片(すりおろす)

しょうゆ味の方は焦げやすいので気をつけてください。

セイタンはスポンジのようになっているので、もむことで味をぬいたり、つけたりが簡単にできます。

おいしいのでぜひためしてみてくださいね。




小麦グルテンから作られた穀物のお肉!/セイタン・230g 10P04jun10


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(おいしいセイタンソテー マクロビオティック レシピ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152641945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック