2010年06月01日

くず野菜のスープ マクロビオティックレシピ

kuzuyasai soup1.jpg


みなさん、ブロッコリーの茎の周りの固い皮とか、新玉ねぎの外側のしんなりしたところとか、人参やカブの葉のつけねの部分とか、捨てていませんか?

捨てないでとっておいてくださいね。

2〜3日分を冷蔵庫でためておけば、こんなクズ野菜を使ってびっくりするほどおいしいスープができるんですよ。

他にも、きのこ類の軸、小松菜のつけねの部分、大根やかぼちゃの皮(普段は皮はむきませんが、皮をむくお料理をした時)、いんげん、ズッキーニ、玉ねぎやねぎのしっぽ、キャベツの外皮...etc

ほとんどのものが使えるはずです。

ポイッとゴミ箱に捨てずに、きれいに洗ってビニール袋に入れてとっておいてください。

生ゴミの量が激減して、とってもエコです!

kuzuyasai soup3.jpg


スープにして飲むのはもちろん、いろいろなお料理のおだしとしても使えます。

その時々によって野菜の種類が違うので、いろいろな味のスープが楽しめます。


[材料]
くず野菜・・・適量
水・・・かぶるくらいの量

[くず野菜スープの作り方]
1.なべに材料を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして15〜30分位煮込む。


おだしとして使う場合はこのまま漉して使います。

スープとして使う場合は漉してから

塩、こしょう、ハーブソルト、オリーブオイルなどお好みで味付けをしてください。

やわらか〜く煮て漉さずにフードプロセッサーやバーミックスにかければポタージュスープになります。

スープと具が分離してしまう時は豆乳を少し入れると分離しなくなります。

とろみが足りない時は水で溶いた葛粉を加えます。


kuzuyasai soup2.jpg


タバスコで辛みをつけてもおいしいですよ。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(くず野菜スープ マクロビオティック レシピ)

この記事へのコメント
きれいなスープですね!
くず野菜は、みじん切りなどにはせず、そのままで良いのでしょうか?
また、重ねる順番などのお勧めがありましたらお教えください。

明日からくず野菜をこつこつためて?美味しいスープを作りたいです!
Posted by けろよん at 2010年06月02日 22:55
けろよんさん、こんにちは♪
マクロビオティックの「甘い野菜のスープ」は細かくするほどおいしくできると言われているので、みじん切りにするとよりおいしくなるとは思います。ポタージュスープにする場合も早く柔らかくなっていいかもしれませんね。
でも、みじん切りにするのは手間がかかるので、めんどくさくなって長続きしないような気がします。1口大位の大きさでいいと思います。
水分が多いので重ねても動いてしまいますから重ねる順番は気にしなくていいですよ。どうしてもこだわりたい場合は陰性の物を下に入れて陽性の物を上にすると中和されますので、そんな方法でもいいし、固くてよく火を通したい物を下にするという方法もいいです。
Posted by スミレコ at 2010年06月04日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151782187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック