2009年05月18日

くるみとチョコのマフィン マクロビオティックスイーツレシピ

walnuts&choco muffin.jpg


お昼に急にちょっとしたお客様があったので、朝子どもたちを学校へ送り出してから、あり合わせの材料でくるみとチョコレートのマフィンを作りました。

ササッと材料を混ぜて焼くだけなので、あっという間にできました。

クルミのプチプチとした食感とチョコレートの風味がたまりません!

フワフワですよ!


[材料]7~8個分

薄力粉・・・・200g
アルミニウムフリーベーキングパウダー・・・6g


てんさい糖・・・大さじ5
塩・・・・1つまみ
なたね油・・・大さじ2
豆乳・・・・200cc
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2


くるみ・・・・40g(小さく刻む)
チョコレート・・・40g(小さく刻む)

チョコレートは乳製品の入っていないもの、お砂糖を使わずてんさい糖で作られているものがマクロ的にはお勧めです。


アレルギー対応のチョコレート元祖板チョコ【辻安全食品】


[くるみとチョコのマフィンの作り方]
1.ふるったAの中心をくぼませて、そこにBを混ぜ合わせたものを2/3加え、泡だて器で中心から少しずつ混ぜていき、さらに、残りのBを加えて全体を混ぜ合わせる。
2.1の生地にCを加え、ゴムべらでサックリと混ぜる。
3.マフィン型に2を流し込み、180度のオーブンで15~20分焼く。竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり。
5.焼きあがったら、オーブンから取り出し、冷ます。

(注)生地を混ぜ合わせたら、できるだけ早くオーブンに入れるようにしてください。時間が立つとふくらまなくなります。
それから、ベーキングパウダーは、古い物を使うとふくらまないので注意してください。


残りを子どもたちの3時のおやつにとっておいて出したら

「これ、どうしたの?買ったの?」

と何度も聞いて、「作ったのよ」と言っても

「ウッソ~!」

と、なかなか信じてもらえません。

めったに使わない紙のカップを使ったせいかもしれませんが、子どもたちに言わせると、

「プロの味!」

なんだそうです。

「ママって上手だねー!」

と最高のほめことばをもらいました。

どうしたんだろ?今日ってなんかの日でしたっけ?


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(くるみとチョコのマフィン マクロビオティック スイーツ レシピ)

posted by スミレコ at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツレシピ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはすみれこさん。温かいアドバイスありがとうございます。今度はよーく溶かしてから再度火をつけてみます。私もお菓子作りが好きなんです。まあかなり不器用なので、失敗作ばかりですけどね。チョコマフィンとってもおいしそう。作りたーい!でも、家の子乳が駄目なので、チョコはいつもココアで代用しているんです。勉強不足なので、ココアバターが乳アレルギーに使っていいのかわからないので、市販のチョコは甘味ゼロだと、砂糖いっぱい入れないと子どもはたべれないぐらい苦味がきついし・・・。おからとオートミールのクッキー作りましたよ。さくさくしてて、おいしかったです。子どもも喜んで「もっともっと」と食べていましたよ。
Posted by yuuhiro at 2009年05月19日 10:23
yuuhiroさん、こんにちは。失敗を積み重ねながらきっと上達されていくと思います(^o^)めげずにがんばってくださいね!私もよく失敗します...!
チョコレートですが、たぶん、この記事の中でご紹介している辻安全食品の元祖板チョコだったら大丈夫だと思いますよ。アレルギー専門のお店なので、お電話でご相談されるといいと思います。(TEL03-3391-6261)
おからとオートミールのクッキーを作ってくださってありがとうございました。お母さんの手作りのおやつがお子さんにとっては1番うれしいのでしょうね(^-^)
Posted by スミレコ at 2009年05月19日 22:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック