2009年01月13日

抹茶蒸しパン マクロビオティックスイーツレシピ

maccha mushipan.jpg


お正月気分で、このところ和食のレシピが続いていますが、今回も和テイストのスイーツです。

ホッカホカでフワッフワの抹茶蒸しパンができました!

あずきも入っておいし~い黒ハート

実はこの抹茶蒸しパン、試作で2回失敗して3度目の成功なんです。

なんだか毎日抹茶蒸しパン食べてます...!

なぜ失敗しちゃったかというと、出来上がるとなぜか「抹茶色」ではなくて「真っ茶色」になっちゃたからなんです。

蒸す時間が長すぎたのかしら?とかいろいろ考えてみたのですが、原因は重曹でした!

重曹の中の成分が抹茶に反応して変色していたのです!

たぶんさつまいも入りの蒸しパンが鮮やかな緑色に変色するのと同じ原理だと思うのですが、蒸しパンが出来上がる頃になると、どんどん茶色くなって黒糖パンみたいになっちゃうのでびっくりしました!

食べても問題はないし、味もおいしいのですが、やっぱり抹茶は抹茶色じゃないとムード出ないでしょ。

だから、今回は重層は使わずに必ずベーキングパウダーで作ってくださいね!


[材料]12×7×4.5の型1個分

薄力粉・・・・・75g
抹茶・・・・・・大さじ1/2
アルミニウムフリーベーキングパウダー・・・2g


てんさい糖・・・・大さじ2
塩・・・・1つまみ
なたね油・・・・・小さじ1/2
豆乳・・・・・・70~80cc


あずき・・・・・大さじ2(煮て甘味をつけたもの)


[抹茶蒸しパンの作り方]
1.Bをボウルに入れてよく混ぜ、あずきを加えてから、ふるったAを入れてゴムべらでサックリと混ぜる。(ホットケーキのやや固め位の生地の固さになるように)
2.型の内側にオーブンペーパーを敷いておき、そこへ1を流し込む。真ん中がふくらみすぎないように少しくぼませておく。(この作業はなるべく手早くしてくださいね。ふくらまなくなってしまうので。)
3.すぐに蒸気の立った蒸し器に入れ、弱めの中火で20分蒸す。竹ぐしをさしてみて何もついてこなければできあがり。


あずきは市販のぜんざいや粒あんなどを利用してもいいと思いますが、作る場合は白玉ぜんざいの作り方をご覧ください。

私は先日ぜんざいを作った時に、残りを冷凍しておいたので、それを使いました。


作ってくれてありがとう黒ハート
リコさんが抹茶蒸しパンをちょくちょく作ってくださっているとのことで、ありがとうございます。感激です。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(抹茶蒸しパン マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | スイーツレシピ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重曹と抹茶が反応するんですね・・・初めて知りました○
確かにやっぱりあの緑色がでないとがっくしですよね
蒸しパンはいつもカップ型で作ってますが、今度は四角型でスミレコさんのレシピで作ってみます○
応援ポチ☆
Posted by しょうこ at 2009年01月14日 11:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112574281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック