2008年12月31日

黒豆 マクロビオティックレシピ

kuromame.jpg


今回ご紹介するおせち料理は、甘味料を使わない黒豆です。

おせち料理は甘い味付けのものが多いので、とかく甘味料を摂りすぎになってしまいがちです。

そこで、思い切って甘味料を使わない黒豆を作ってみました。

てんさい糖や米あめなどを使わない代わりに、りんごジュースとレーズンで甘みをつけました。

ほんのり酸味が加わって、やめられない味です。


[材料]
黒豆・・・・・1/2カップ

りんごジュース・・・・400cc
レーズン・・・大さじ2
塩・・・・・1つまみ

昆布・・・・・2cm


[作り方]
1.黒豆は洗ってからAに1晩つけておく。
2.1と昆布を圧力なべに入れて火をつけ、アクをとる。ふたをして圧をかけ沸騰後10分煮る。
3.圧が下がったらふたを開けて昆布を取り出し、水1/3カップを加え、沸騰したら、さらに水1/3カップを加えて落としぶたをし、弱火で味を含ませる。
4.黒豆が空気にふれないように煮て、火を止めた後も空気にふれないように1~2日煮汁につけておくと、ふっくらとした黒豆になります。3で水を加えずに煮詰めていって水分を飛ばし、黒豆が空気にふれるように煮ると、しわの寄った黒豆ができます。


黒豆には「1年中まめに働いて、まめに生きる」という意味があり、関西ではふっくらと仕上げますが、関東では「しわの寄るまで長生きできるように」と、わざとしわを寄せて仕上げます。

私は長生きできるように、しわを寄せてみました。

よく黒豆を煮る時に重層を入れますが、圧力なべを使う場合は熱に反応して重層が発泡するので、使わないほうがいいそうです。


話は変わりますが、2日前、年賀状を印刷している最中に愛用のプリンターがこわれてしまいました。

なので、途中から年賀状は手書きです。

そして、なんと、今朝、冷蔵庫がこわれてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

よりによってなぜ今日なのバッド(下向き矢印)

いっぱい買出しした物たちはいったいどうなるのでしょう?!

これから冷蔵庫を買いに行ってきます...。

年末って...忙しいわ...。


追記(2009.1.5):初め、黒豆を1晩水につけておく方法でアップしましたが、最初からりんごジュースにつけたほうが、ふっくらとおいしくできあがったので少し書き直しました。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(黒豆 おせち料理 マクロビオティック レシピ)


posted by スミレコ at 10:56| Comment(1) | TrackBack(0) | おかず・その他 簡単レシピ  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなときに冷蔵庫が壊れるなんて!!
大変でしたね~~。
でも今年の厄もこれで落ちた、ということで(笑)。
どんな冷蔵庫がきたのかなー。
うちももう冷蔵庫は息切れしているので、人ごととは思えません。
でも秋田では暖房さえ入ってなければ冷蔵庫にいれずに部屋に放置していても腐らないような気が・・・(爆)。
現に作ったおせちの数々はそのまま台所に置いております・・・(便利です)

今年はスミレコさんとお知り合いになれて本当に嬉しい年でした。
たくさんのマクロビレシピ、本当に参考になります。
今日の甘味なしの黒豆、あーもっと早く見てたら作ってたかも~~。
それでもダンナの実家では白砂糖たっぷり使う黒豆も、今年は甜菜糖に変えました。
せめてものチャレンジ・・・?ww
来年もいろいろと参考にさせてくださいね。
それでは良いお年をお迎えください。
また来年もよろしくお願いいたします。
Posted by aki at 2008年12月31日 22:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック