2008年12月21日

さつまいもの茶巾しぼり マクロビオティックスイーツレシピ

satumaimo chakinshibori.jpg


さつまいものおいしい季節です。

さつまいもは中米原産で、沖縄や鹿児島などの暖かい所で育つため陰性にかたよった食べ物ということで、マクロビオティックではあまり食べないほうがよいとされています。

我が家でも、マクロビオティックを知る前は毎日のように食べていたのですが、このごろはあまり食卓にはのぼらなくなりました。

とはいえ、さつまいものおいしいこの時期、やっぱりたまには食べたくなるのですよね。

昔から一番好きな食べ方は、オーブンでじっくり焼いた焼き芋。

よく考えてみたら、これは陽性の調理法なので、陰性のさつまいもを調理するには最も適しているかもしれませんね。

今回ご紹介するさつまいもの茶巾しぼりは、この焼き芋を使って作ります。

さつまいもは焼き芋にすると、蒸したものよりもずっと甘みが引き出されておいしくなるからです。

焼き芋を使うことで、甘味を一切入れなくてもおいしい茶巾しぼりが作れます。


[材料]4個分
さつまいも・・・・中1本
抹茶・・・・少々

豆乳・・・・少々

米あめ(好みで)・・・少々(熱湯少々で溶かして使う)


[作り方]
1.さつまいもはよく洗ってからオーブンに入れ、230℃で40〜50分焼く。
2.竹串をさしてみて、スッと通れば焼き上がり。オーブンから出して、半分に折り、スプーンを使って中身を取り出す。
3.熱いうちにすりこぎなどですりつぶし、パサつくようなら豆乳を加えて調節する。甘みが足りないようなら、豆乳ではなくお湯で溶いた米あめを加える。
4.大さじ1杯程度を別の容器に取り分け、抹茶を少々加えて混ぜる。
5.ラップに3をのせて丸く整え、4の抹茶味をつけたものを少し乗せてラップでくるんで丸くし、綴じ目をギュッとねじる。


子ども達が幼稚園の頃、よくお弁当に入れたりしていました。(お抹茶は眠れなくなるので入れませんでしたが。)

お正月のおせち料理に入れてもきれいですね!



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪



この記事へのコメント
可愛い!
なるほど・・・焼き芋にすれば甘味を入れなくても十分ですね。
これはいいかも♪
今年はベジおせちも作りたいなーと思っていたので、とっても参考になりました。
ほわ〜んとした抹茶の緑がまた可愛いですね〜。
Posted by aki at 2008年12月22日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111528724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック