2008年12月14日

感動!フワッフワのいちごロールケーキ マクロビオティックスイーツレシピ

strawberry roll cake.jpg


感動ものです!

フワッフワです!

作った自分がびっくりしています!

あっ、またいちごのケーキで、しつこくてすみません。

先日ベリーベリートライフルを作った時、本当はロールケーキをつくりたかったのに、いちごクリームが柔らかすぎ断念してトライフルにしてしまったので、今回はリベンジです。

どうしてもしっとりフワフワのスポンジを作りたかったので、何度も試作して完成したのがこのいちごロールケーキ

「なにこれ~!フワッフワ~!」

と娘たちが狂喜したスポンジの作り方のポイントは焼き方と冷まし方です。


スポンジもクリームも全てがいちごの香りたっぷりで、たまらないおいしさです黒ハート



追記(2012.5.17)失敗しないフワフワロールケーキのレシピを新しく考えました。
餅米を超微粒粉砕して作られた「リ・ファリーヌ・レジェール」という米粉を混ぜるものです。
この方法でフワッフワのいちごロールケーキを作る場合のレシピを追加しておきます。弾力があって巻く時に割れにくく、とてもおいしく上手にできます。
従来の薄力粉のみで作るレシピもそのまま残しておきますが、こちらは巻く時に割れやすく、難易度が高いです。


【国産もち米使用】群馬製粉 リ・ファリーヌ・【レジェール】(米粉)【1kg】



米粉を使う新しいレシピ
[材料](ロールケーキ1本分)天板の1番底の大きさは21cm×24cm位


薄力粉・・・・80g
リ・ファリーヌ・レジェール・・・20g
アルミフリーベーキングパウダー・・・3g


てんさい糖・・大さじ3
塩・・・・1つまみ
なたね油・・・大さじ1と1/2
いちごのすりつぶし・・・80cc
豆乳・・・・80cc
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2

※いちごクリームの作り方は下記参照

飾りのいちご・・・・・適量(小さく切る)

[いちごロールケーキの作り方]
1.オーブンの下段に天板を入れ170度に温めておく。
2.やかんにお湯を沸かしておく。
3.Bを混ぜ、ふるったAを加えサックリと手早く混ぜる。(生地の固さはトロトロ流れて表面を平らにしやすい位やわらかめです)
4.オーブンペーパーを敷いた天板(1でオーブンに入れたものとは別の天板)に3を流し込み、表面を手早く平らにし、オーブンの中段に入れる。温めておいた下段の天板にやかんのお湯を注ぎ、170度で6~7分焼く。(お湯を注ぐ時にやけどをしないように気をつけてください)
5.焦げ目がつかない程度に焼き、竹串をさしてみて何もついてこなければオーブンから取り出し、上にオーブンペーパーをかぶせて乾燥しないようにして人肌位に冷ます。
6.上になっていた面に1~2mm位の深さの切り込みを縦に6~7本入れ、一番巻き終わりになる部分を2cm位ななめに切り取る。
fruits roll cake2.jpg
(クリックすると大きい画像になります。)
7.巻き終わりの部分を2cm位残していちごクリームをぬり、いちごを散らす。オーブンペーパごとゆっくりと少しずつ巻き上げ、ビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やす。

※A(粉)とB(液体)を混ぜ合わせたら、できるだけ早くオーブンに入れるようにしてください。時間が立つとふくらまなくなります。
それから、ベーキングパウダーは、古い物を使うとふくらまないので注意してください。




薄力粉で作る従来のレシピ
[材料](ロールケーキ1本分)天板の1番底の大きさは21cm×24cm位

薄力粉・・・・100g
アルミフリーベーキングパウダー・・・3g


メープルシロップ・・・大さじ3
塩・・・・1つまみ
なたね油・・・大さじ1と1/2
いちごのすりつぶし・・・80cc
豆乳・・・・70cc
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2


※いちごクリームの作り方は下記参照

飾りのいちご・・・・・適量(小さく切る)

[いちごロールケーキの作り方]
1.オーブンの下段に天板を入れ170度に温めておく。
2.やかんにお湯を沸かしておく。
3.Bを混ぜ、ふるったAを加えサックリと手早く混ぜる。(生地の固さはトロトロ流れて表面を平らにしやすい位やわらかめです)
4.オーブンペーパーを敷いた天板(1でオーブンに入れたものとは別の天板)に3を流し込み、表面を手早く平らにし、オーブンの中段に入れる。温めておいた下段の天板にやかんのお湯を注ぎ、170度で6~7分焼く。(お湯を注ぐ時にやけどをしないように気をつけてください)
5.焦げ目がつかない程度に焼き、竹串をさしてみて何もついてこなければオーブンから取り出し、上にオーブンペーパーをかぶせて乾燥しないようにする。しばらくオーブンペーパーをはがさずにあら熱を取り、少しさめたらオーブンペーパーごとビニール袋に入れて乾燥させないようにして人肌位に冷ます。水分が多すぎてもベタっとしてしまうので、時々様子を見て調節してください。
6.スポンジがフワフワになったら、まだ少し温かいうちに、上になっていた面に1~2mm位の深さの切り込みを縦に6~7本入れ、一番巻き終わりになる部分を2cm位ななめに切り取る。
fruits roll cake2.jpg
(クリックすると大きい画像になります。)
7.巻き終わりの部分を2cm位残していちごクリームをぬり、いちごを散らす。オーブンペーパごとゆっくりと少しずつ少しずつ丸め、くせをつけながら巻き上げる。(割れやすいので細心の注意を払ってください。)ビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やす。

※A(粉)とB(液体)を混ぜ合わせたら、できるだけ早くオーブンに入れるようにしてください。時間が立つとふくらまなくなります。
それから、ベーキングパウダーは、古い物を使うとふくらまないので注意してください。


いちごクリーム
[材料]
豆腐・・・・130g(なるべく固めのものをよく水切りしておく)
いちご・・・3~4粒
てんさい糖・・・大さじ1と1/2
バニラエキストラクト・・・少々

※いちごの水分が加わるため、クリームがゆるくなりがちです。豆腐の水分はしっかり切ってください。メープルシロップを使うとさらにゆるんでしまうので、もしメープルを使う場合はメープルシュガーを使ってください。

[作り方]
全てをフードプロセッサーやバーミックスで混ぜ合わせる。



時間が立つと、クリームの水分を吸ってスポンジがどっしりしてくるので、お早めに召し上がるのがお勧めです。(でも、どっしりしてもおいしいです)


追記(2009.1.5):私の使っている天板の1番底の大きさは21cm×24cm位です。ちょっと小さめかもしれません。天板が大きい場合は量を増やすか、生地を広げる大きさを調節できるようなら小さめにしてみてください。



作ってくれてありがとう黒ハート
もぐにくさんロールケーキを作ってくださいました。初めてなのに大成功ですよ!
すごいすごい!ありがとうございました(^-^)


うさまるさんがロールケーキを作ってくださいました。残念ながら、巻いたときに割れてしまったそうですが、生地はやわらかくておいしかったとおっしゃっていただきました。こりずにまた作ってみてください(*^^*)ありがとうございました。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(いちごロールケーキ マクロビオティック レシピ)

posted by スミレコ at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | スイーツレシピ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
写真でふわっふわっ感がわかります!
私は本格的にマクロビやってるわけではないんですが、一般のお菓子本を見ると作りたくてもその乳脂肪分の量を見てがっくし・・・ってよくなるんです。
作っても、食べても罪悪感みたいな・・・
クリームにお豆腐イイですね○
クリスマス前に一度チャレンジしてみます!!
Posted by しょうこ at 2008年12月16日 09:53
きゃ~!待ってました!待ってましたぁ~!!
コメント遅れてしまいすいません・・・。

ついにロールケーキ解禁!ですね~♪
わ~!すごいふわふわ・・・。
これは食べてみたいぃ~。
クリスマス、作ってみたいと思います♪(練習しなくちゃ☆)
Posted by けけあん at 2008年12月16日 16:51
しょうこさんこんにちは!ホントに普通のケーキは材料を見ると作りたくなくなっちゃいますよね。このごろはケーキ屋さんのショーケースの中のケーキを見ても食べ物だと思わなくなっちゃいました。マクロのケーキは安心して食べられるからぜひ作ってみてくださいね!
Posted by スミレコ at 2008年12月17日 18:27
けけあんちゃん!
けけあんちゃんがきっと待っていると思ってずっと気になっていたの。作ってみたら教えてね(^-^)
Posted by スミレコ at 2008年12月17日 18:29
Googleからきました~

早速、参考にさせていただいて作ってみたんですが
お菓子作り自体慣れていないもので
とんでもない結果になったり・・・


精進しますorz
Posted by もぐにく at 2010年06月07日 12:23
いつも参考にさせていただいています☆

スミレコさんのお料理は、赤ちゃんにも安心してとりわけしてあげられるレシピが多いので、とっても助かっています♪

息子がもうすぐ1歳になるので、このロールケーキを焼いてあげたいなとおもってるんですが、メープルシロップの代わりに、てんさい糖を使っても同量で大丈夫ですかね・・?
Posted by まいまい at 2010年06月18日 17:38
まいまいさん、こんにちは♪
お子さん、もうすぐ1歳なんですね。おめでとうございます。うれしいですよね~(^-^)
メープルシロップよりてんさい糖のほうが少し甘いので、気持ち少なめでいいです。う~ん、5杯強くらいかしら。水分が少し足りなくなるので、豆乳を30cc位増やしたほうがいいと思います。
おいしくできますように(*^^*)
Posted by スミレコ at 2010年06月18日 22:17
こんばんは。
いつも、いろいろ参考にさせてもらっています。
ロールケーキに挑戦してみました!焼くところまではうまくいったのですが、巻いたときに割れてしまいました…
でも、生地はやわらかくておいしかったのですが、焼きすぎでしょうか?
また挑戦してみます。
Posted by うさまる at 2011年02月24日 20:14
うさまるさん、こんにちは♪
ロールケーキを作ってくださり、ありがとうございました。
マクロだと卵を使わないので、どうしても普通のものに比べると生地がかたく焼き上がります。
まずは、焼きすぎないことと、丸める時は急がずあせらず、ゆっくりゆっくりがポイントです。
クルクル巻いても失敗しないレシピを考えたいと思っているので、待っていてください。
Posted by スミレコ at 2011年02月24日 21:25
スミレコさん

イチゴロールケーキ
美味しそう
Posted by ryuji_s1 at 2012年01月29日 10:01
はじめまして。
質問ですが、すみれこさんのレシピは、米粉のみで作ると同じようにはできませんか?
また、ベーキングパウダーの場合と重曹の場合の仕上がりはどう違うのでしょうか?
教えていただけませんか?
Posted by かよ at 2013年09月06日 07:57
かよさん、こんにちは♪
米粉のみでも作れますよ~!
ただし、普通の米粉だと、ういろうみたいになってしまいます。リ・ファリーヌという製菓用の米粉を使えば、おいしいケーキが作れます。分量は全く同じです。多少ポロポロとした食感になりますがフワッとしてとてもおいしいです。
米粉でバナナケーキを焼いた記事があるのでご覧ください。http://sumireko-sweets.seesaa.net/article/143144505.html

それから、ベーキングパウダーと重曹の違いですが、ベーキングパウダーのほうがキメが細かく軽い仕上がりになるので、ケーキらしい生地に焼き上がります。重曹は特有の臭いがあるので、たい焼きやどら焼きの皮のような味になります。キメが荒くややドッシリ、モチッとした食感になります。お酢を小さじ1杯くらい入れると臭いが気にならなくなります。
Posted by スミレコ at 2013年09月06日 10:38
『ぎょうれつのできるケーキやさん』(ふくざわゆみこ作)という絵本を2歳の息子が気に入っていて、美味しそうなロールケーキが出てくるので、このレシピを参考に作ってみました。
モチッとしてしまいふわふわ感が出せませんでしたが、美味しくできました。
次回はもう少しフワッとできるよう頑張ります。
Posted by りっち。 at 2014年02月10日 12:32
りっちさん、こんにちは♪
ロールケーキを作ってくださりありがとうございました。
モチッとしてしまいましたか!
混ぜすぎちゃったか、ベーキングパウダーが古かったか、混ぜた後、焼くまでの時間が長かったかのどれかではないかと思います。くじけず再チャレンジしてみてくださいね!
絵本に出てくるお菓子を作ってあげると、こどもって喜びますよね(^-^)
私も「ぶたぶたくんのおかいもの」に出てくる顔付きパンを作ってあげたことを思い出しました~!
Posted by スミレコ at 2014年02月10日 13:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック