2008年12月08日

マクロビオティック 冬の調理法

jyuhyou.jpg


冬は1年で1番寒い時期です。

生物の活動は活発ではなくなります。

寒い冬には体を温めるために陽性のものを多めにとるように心がけましょう。

陽性にする調理法としては、調理時間の長いシチュー、煮物、豆料理、などの煮込み料理があります。

長時間煮込むために野菜は大きめに切るようにします。

高温で焼くオーブン料理も時にはいいでしょう。

圧力をかけることや揚げ物をすることでも食べものを陽性にします。

味付けは少し濃くすると陽性になります。

水分が多いと陰性になりますから、ひじきや切り干し大根などの煮物はできるだけ水分を飛ばして煮込むようにします。

漬物も、浅漬けよりもたくあんなど長く浸けて水分の少ない物の方が陽性です。

また、海藻は陽性なので海藻料理は冬に適しています。

蕎麦も陽性です。


デザートは、ぜりーやアイスクリーム、生の果物などは陰性なので避け、オーブンで焼いたタルトやアップルパイ、長く煮込むお汁粉などがお勧めです。

動物性のものは陽性ですから、寒い時期には魚などを少し増やしてもよいでしょう。

体が自然と温かい食べものを欲するように、なるべく温かい食べものを摂り、体を冷す冷たいものは摂らないようにします。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


posted by スミレコ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ料理のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110926242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック