2008年10月17日

マクロビオティック 秋の調理法

flower2008.10.17.jpg


秋は下降のエネルギーです。

木々の葉は落ち、根に栄養分が蓄えられて実ができます。

この時期、根菜を食べることはとても良いこととされています。

たまねぎ、かぶ、大根、人参、蓮根などをとるようにしましょう。

冬に向かって、体を温める食べものをとるようにします。

意識していなくても、涼しくなってくると自然と温かいものが食べたくなりますね。

また、かぼちゃ、キャベツ、玉ねぎなどの丸い野菜も秋によい食べものです。

甘い野菜や、辛味のある野菜(しょうが、大根)なども回数を増やします。

調理法は少し長めに火を通すようにして、夏よりも陽性にしていきます。

ふたをするのも陽性の調理法になります。

煮物、シチュー、ポタージュスープなど、コトコト煮るような調理法がよいでしょう。

長く煮るので、野菜の切り方は大きめにします。

冷たい飲み物やデザートは控え、なるべく温かいものを食べるようにします。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


posted by スミレコ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ料理のコツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108242362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック