2008年10月10日

「マクロビオティックが幸福をつくる」

kushi michio koufuku.jpg


久々のマクロビ本のご紹介です。

久司道夫著「マクロビオティックが幸福をつくる」


マクロビオティックというのは単に健康になるための「食事法」ではありません。

マクロビオティック食を撮ることで心身両面にわたる健康と幸福をつくりあげていく生き方です。

この本では、なぜ、マクロビオティック食が人間の健康と幸福をつくるのかということが、「宇宙の秩序」と「陰陽の思想」からわかりやすく書かれています。


人間とは、大きな宇宙が創り上げてきた宇宙の一部であり、宇宙の秩序、自然の摂理と調和できた時に肉体と精神が健康でいることができます。

宇宙や自然と調和するためには、宇宙の秩序や自然の摂理に合った食糧、水、波動、空気などを取り入れていけばいいのです。

正しい食を取り入れれば、私たちの体内組織のすべて(細胞、器官、神経など)にいきわたり、私たち1人1人の精神が健康になって、怒り、憎しみ、傲慢さがなくなることによって、人類が平和と幸福を手にすることができるのです。

宇宙の秩序や自然の摂理に合わないものをとりいれてしまった場合は体内組織のすべてが宇宙や自然と調和することができず、肉体や精神が病んでしまいます。

「宇宙の秩序」を理解するためには、スパイラル運動(太陽系の動き、竜巻、海流、草木の成長運動、巻貝の内部構造、つむじ、指紋など)、波動、生命の進化、1:7の比率などを例にあげて説明されています。


そしてもう1つ、宇宙を支配する「陰陽の思想」については、天と地のエネルギー、男女のエネルギー、チャクラ、経絡などが説明されていて、とてもおもしろいです。

女性の頭の上と男性の頭の上に糸につるした5円玉をぶら下げると反対に回る実験の話がすごくおもしろくて、子どもたちの頭の上で実験してみたりしちゃいました!

本の後半は、実際の世の中の出来事や民族性を陰陽の考え方から説明していますが、このへんを読むと、「マクロビオティックは宗教だ!」なんて思う方もいるみたいですね。

ま、そこらへんは置いておき、これを読むとマクロビオティックって奥が深い、とか久司先生ってすごい!とか思う方も多く、マクロビオティックを深く知りたい方にはお勧めの本です。

実は中学生の娘が今「食」に関するレポートを書いているのですが、先日、久司先生の本をのめりこむようにして読んでいて

「この本すごい!!」

と感動していました。

何か自分の中の感覚とピッタリくるものがあったみたいです。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
posted by スミレコ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ本紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107874498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック