2008年10月07日

すき焼き風 マクロビオティックレシピ

sukiyaki-fuu2.jpg


我が家で「すき焼き」と言えばコレ。

長女が赤ちゃんだった頃、授乳のために食事制限をしていたので、よく作りました。

お肉も油も使わない「すき焼き風」です。

でも、なぜかすき焼きの味になるから不思議!

野菜はその時の気分で少し変わったりもしますし、車麩がなかったり、しらたきが春雨になったりちちゃっても全然平気です。

味付けもその日の気分で適当に作って、濃ければ薄める、薄ければ足すという気軽さでできるのがいいところ!


[材料]4人分
A(わりした)
昆布しいたけダシ・・・・100cc+α
しょうゆ・・・・50cc+α
てんさい糖・・・・大さじ1/2+α


人参・・・・・小1本(縦半分にして斜め切り)
しいたけ・・・・4〜5枚(小さいものはそのまま、大きいものは1口大に切る)
しらたき・・・1袋(食べやすく切り、ゆがいておく)
ねぎ・・・・・1本(斜め切り)
はくさい・・・2〜3枚(食べやすい大きさに切る)
車麩・・・・・3〜4枚(戻してしぼり、1口大に切る)
豆腐・・・・・1/2丁(1口大に切る)


長いも・・・・・・・・4cm(すりおろす)
水・・・・・・・・・・100ccていど
かぼちゃ(ゆでたもの)・・・1切れ


[作り方]
1.なべにAを入れて煮立て、にんじんとしいたけを入れてしんなりするまで煮る。
2.Bの残りの材料を入れて煮る。途中、水分が足りなければ昆布しいたけダシを加え、味が足りなければしょうゆとてんさい糖を加えて調節する。
3.好みでCをフードプロセッサーにかけたものを溶き卵の代わりに用意し、つけて食べる。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへtokitamago fuu.jpg

これが、長いもと水、かぼちゃで作った溶き卵風。

ちょっと遊んでみました。

味は卵とはちょっと違いますが、見た目と食感はかなり近いものがあります。

かぼちゃがなければ、入れなくてもOKです。(1番最初の写真は長いもと水だけで作ったものです)


sukiyaki-fuu.jpg

こんな風にどんぶりにしてもおいしいです。

溶き卵風に、わりしたを混ぜたものを上からかけて食べるとおいしいです!

煮汁を飛ばせば、翌日のお弁当にもいいですよ。

さっぱりしていてもの足りないと思われる方は、煮込んだ1番最後に少し油を回し入れてみてください。


(今回のレシピはビリーさんのリクエストにお答えして作りました!)


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪


この記事へのコメント
スミレコさん、おはようございます♪
こういう鍋ものって大好きですーーーー!
うちでは鍋になっちゃうことが多いから・・・今度はすき焼き風にしてみようかな♪^^
ちょうどわたしも長芋にターメリックを混ぜてお好み焼きをつくったところだったので・・・なんだかシンクロで嬉しいです〜。(*^^*)
でもかぼちゃの方がよりおいしそー♪
Posted by あいやこ at 2008年10月08日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107731256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック