2008年09月30日

にんじん蒸しケーキ マクロビオティックスイーツレシピ 

carrot steam cake.jpg

ホッカホカのしっとりフワッフワなおいしい人参蒸しケーキができました。


おやつが何もなく、こどもたちは

「なんか食べたーい!」

と騒いでいるし、手早くできるものはないかと考えて作りました。


[材料]7.5×12cmの型1個分

薄力粉・・・・・150g
重曹・・・・・・2g
シナモン(好みで)・・・・小さじ1/2


にんじん・・・・100g(すりおろす)
にんじんジュース・・・・120cc
なたね油・・・・大さじ1/2
塩・・・・・・・1つまみ
酢・・・・・・・小さじ1/2

レーズン・・・・大さじ2


[人参蒸しケーキの作り方]
1.ボウルにBを入れてよく混ぜる。
2.AをふるってBに加え、ヘラでサックリと混ぜる。
3.さらにレーズンを加えて混ぜる。
4.オーブンペーパーをしいた型に流し込み、蒸気のたった蒸し器に入れて20分蒸す。竹串をさしてみて何もついてこなければできあがり。



carrot steam cake2.jpg


色がすごくキレイでかわいいでしょ?

このごろだいぶ涼しくなってきたので、できたてのホカホカをフーフー言いながら食べたら、とってもシアワセになっちゃいました!

甘味はにんじんの甘味とにんじんジュース、レーズンだけで、何も加えていないので、甘さ控えめです。

甘いほうが良い方はてんさい糖を大さじ1位足してください。



作ってくれてありがとう黒ハート
akiさんにんじん蒸しケーキを作ってくださいました。
ふんわり熱々、とても美味しくできたそうで、私もうれしいです!ありがとうございました(^o^)


こまこまさんがにんじん蒸しケーキを作ってくださいました。少食のお子さんがたくさん召し上がってくれたとのこと、良かった~!ありがとうございました(*^^*)


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(人参蒸しケーキ マクロビオティック レシピ)


posted by スミレコ at 23:51| Comment(7) | TrackBack(0) | スイーツレシピ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
10ヶ月になる娘は、生後すぐから湿疹が酷く、完母のために食事に気をつけているうちにマクロビにたどり着きました。
が、海外生活中のため、玄米を取り入れることが難しく、白米を食べています。玄米菜食がマクロビの前提だと思っていたのですが、スミレコさんの書かれている記事を読ませていただいて、自分たちの生活にあった取り入れ方でいいのだということがわかり、うれしくなりました。

娘の離乳食は白米の軟飯と野菜2,3種を昆布で煮たものを与えています。今はまだ母乳も飲んでいますが、離乳後、白米と野菜では栄養が不足するのでは、と思い、いろいろ調べているところです。
小麦は明らかに肌が荒れます。豆腐もちょっとあやしいかな、
って感じです。やはり一つ一つ、与えながら確かめていくしかないですよね。

スミレコさんは離乳後どのように娘さんの食事を進めてこられましたか。
これからもマクロビオティックを取り入れた生活を続けていこうと思っています。このブログでいろいろ勉強させていただきます。

記事と関係ないことを長々と失礼いたしました。
Posted by ゆきとも at 2008年10月01日 07:11
ほわほわの蒸しケーキ、大好きです~~。
と言っても私、今まではあまり好んで食べてはいなかったのです。
あの食感が苦手でした。
でも菜食にしてからでしょうか、好きになったんですよね~。他にも苦手だったレーズンもお菓子に入れると美味しいなぁって感じるようになりました。
味覚って変わるものなのですね~。

ニンジンのすりおろしがタップリ入ったケーキ、とっても美味しそうです。
甘さがレーズンとニンジンジュースだけっていうのもいいですよね。

ただ問題が・・・・・・

私、何故か蒸しケーキがまともに膨らんだことないんです~~(>_<。)
Posted by aki at 2008年10月01日 07:40
ゆきともさん、初めまして!読んでいただいてありがとうございます。
アトピーがあると授乳中のお母さんも除去食をしなければいけないので本当に大変だと思います。でも断乳してしまうとお子さんは直接口に入れる食べ物の量が増え、アトピーの症状がとてもひどくなってしまうことがあるので、できるだけ長く授乳をされることをお勧めします。私は1歳8ヶ月で断乳しましたが、その後、娘の症状が悪化して食べさせるものがなく、とても苦労しました。
娘のアレルゲンは、米、小麦、ひえ、あわ、じゃがいも、とうもろこし、大豆、多くの魚などでした。
断乳後は、主食としてキヌア、そば、たかきび、さつまいもを5日で回転させ、タンパク源はサヨリ、カマス、うなぎ、鯛、あじをゆでて5日で回転させていました。他は食べられる野菜を食べさせていました。途中から低アレルギー米と低アレルギー小麦粉が食べられるようになり、主食はこれに切り替えました。昆布は大豆アレルギーのある子はダメな場合があるので注意してください。
除去食を続けると小学校に入る頃までにはほとんど食べられるようになりますので、なるべく小さいうちからきちんと除去食をした方が良いとアレルギー専門医のまつのぶ先生はおっしゃっています。
食べられる物があまりにも少ない場合は死活問題ですから、マクロだとか菜食だとかにこだわらず、食べられる物を食べさせるという判断も大切かなと思います。
それから、アトピーのお子さんはカルシウムが不足していますから、小松菜、きりぼし大根など、カルシウムを多く含む食品を多く食べさせてあげてください。
大変だと思いますが、今はネットでアレルギー用のレシピなどもたくさん調べられるので、楽しみながらがんばってくださいね!
アレルギーの子を持つ母親のサークルに入るのも情報交換ができていいのでお勧めします。(海外にあるかどうかわかりませんが...)
どうぞまた遊びにいらしてください♪
Posted by スミレコ at 2008年10月01日 11:18
スミレコさん
お忙しい中、丁寧なお返事本当にありがとうございました。

こちらは1歳にならないとアレルギー検査は出来ないといわれ、とりあえず自分なりに様子を見ながらこれまできました。
7ヶ月を過ぎた頃からかなり良くなってはきたのですが、このところまた湿疹が出始めています。
自分では気付いていないものに反応していることもあるかもしれませんね。
昆布のことは初めて知りました。気をつけてみます。カルシウムも。こちらで手に入る野菜で意識して取るようにします。
私が食べているものから母乳で反応しているのかもしれない、と思い、断乳したほうがいいのか、と思うことも度々ですが、娘が直接口にするよりはいいのですよね。私自身のためにも、食事に気をつけながら、授乳がんばります。

また長々と失礼しました。
これからも楽しみにしています。
Posted by ゆきとも at 2008年10月02日 16:05
ゆきともさん、こんにちは。アレルギーの血液検査はきちんと出る場合と出ない場合があるので、何がアレルゲンかを確かめるのには、食物日誌をつけるといいですよ。いつ何を食べたか(お母さんも)、そして、いつかゆがったり湿疹が出たかを詳しく書いていくものです。食べてからすぐに反応が出る場合と、2~3日しないと出ない場合があり、わかりにくい物もありますが、あとはお母さんの勘で判断してください。車の多い通りを歩いたとか、ホコリっぽい所にいたとか、花火の煙を吸ったなど、環境に関することも書いておくといいですよ。あっ、でも、あんまり神経質にならないでくださいね。ママがニコニコしていることが一番ですから♪^^ それから、かゆがる時はタオルなどを冷してあててあげると楽になります^^
Posted by スミレコ at 2008年10月02日 23:57
はじめまして!
娘の幼稚園の親子遠足のお弁当に、こちらのにんじん蒸しケーキを作りました。

今ひとつふくらまなかったのですが、年少で少食の娘が次々に手を出しはじめてのお弁当はとてもいい思い出になりました。

マクロビはよくわかりませんが、おいしそうで身体に良さそう!なレシピが満載ですね。また違うものも挑戦しようと意気込んでいます。
にんじん蒸しケーキのレシピありがとうございました。
Posted by こまこま at 2010年05月10日 10:45
こまこまさん、初めまして♪
にんじん蒸しケーキを作ってくださり、ありがとうございました。お嬢ちゃまが喜んで食べてくれてよかった~!ママの手作りは愛情たっぷりで特別なんでしょうね(^-^)
小さい頃の食習慣はとっても大事なので、身体に良いものをたくさん作ってあげてくださいね。
またご訪問お待ちしています(*^^*)
Posted by スミレコ at 2010年05月11日 22:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック