2008年08月19日

簡単野菜リゾット マクロビオティックレシピ 

vegetable risotto.jpg


先日の簡単カレーピラフに引き続き、炊飯器で作る簡単リゾットのご紹介です。

本格的にリゾットを作ろうとすると、なべでお米を炒めた後、少しづつ水を加えてはお米に吸わせ、加えては吸わせで、ずっとなべの横にはりついていなければならないんです。

おまけにできあがったリゾットは芯があるのに表面がベチョッとして失敗してしまうことが多く、絶対作りたくないメニューの1つです。

えっ!それって、私だけ?

いつも上手にできるわよ、というあなたも、だまされたと思って作ってみてください。あまりにも簡単でうれしくなっちゃうと思います!


炊飯器の早炊きコースで作ったら固めのおいしいリゾットができるかな?と思ってやってみたのですが、「柔かい炊き込みごはん」になっちゃって大失敗!

やっぱり時間が長すぎるんですね。

それならと、途中でスイッチを切ったらバッチリうまくいきました♪


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ[材料]3人分

米・・・・・2カップ(といでおく)
昆布しいたけダシ又は水・・4カップ
コーンスターチ又はくず粉・・大さじ1
塩・・・・・・・小さじ2
ハーブソルト・・・少々(好みで)
こしょう・・・・・少々
オリーブオイル・・・・・大さじ2/3〜大さじ1
にんにく・・・・・1片(すりおろす)


玉ねぎ・・・・・・1/2(みじん切り)
にんじん・・・・・1/2(サイの目切り)
ズッキーニ・・・・1/2(サイの目切り)
マッシュルーム・・3個(半分にしてスライス)
しめじ・・・・・・1にぎり
昆布・・・・・・・5cm(水で炊く場合のみ)
ロリエ・・・・・・1枚


[作り方]
1.Aの材料を炊飯器の内釜に入れかきまぜる。
2.上にBの材料をのせてふたをし、早炊きコースのスイッチを入れる。
3.蒸気が上がりはじめてから10分位を目安にして火傷をしないようにふたを開け、お米を食べてみて好みの固さになっていたらスイッチを切る。ロリエと昆布をとりのぞいてから、こねないようにかき混ぜる。


ふたを開けた時、少し水分が多いようでもかき混ぜるとなじむので大丈夫です。

私の家の炊飯器ではスイッチを入れてから35分でちょうどよいリゾットができあがりました。

メーカーによって、出来上がりまでの時間には差があると思うので、時々ふたを開けて様子を見てください。

ほんの数分で炊きすぎになってしまうので、くれぐれも「柔かい炊き込みごはん」にならないように気をつけてくださいね!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104996915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック