2008年07月22日

ドライカレー マクロビオティックレシピ 

dry curry.jpg


中学生の娘といっしょにドライカレーを作りました。

普段はお互い忙しくて、なかなかお料理を教える機会がないので、まだ娘1人きりで何かを作ることはできません。

でも、これを切ってねとか、火をつけて炒めてねとか指示すれば言われたことはできる、というくらいのレベルです。

手馴れていないので、何かを1つ切るだけでも、かなりの時間がかかります。

人参のみじん切りを頼んだら、手に力がないので手がプルプルしちゃってずいぶん時間がかかりました。

このペースじゃ、お昼はいったい何時に食べれるのかしら!と思いながらも、夏休みだし、まあいいかと、のんびりおつきあいすることに。

娘に玉ねぎと人参を炒めてもらっていると、

「これ、すごいキレイ!写真とっていい?!」

とカメラを取りに行き、

セロリが入ると

「ウワー!カワイイ!写真撮っていい?」

水菜を洗えば、

「あ~!これも写真撮る!!」

なんて具合で、ちっとも仕事がはかどらない!

これにはさすがに参りました!

子どもといっしょに料理をするのには忍耐が必要です...!

2時間後、ようやくドライカレーはできあがりました!


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
[材料]2人分
昆布しいたけダシ・・・少々(水でもOK)


にんにく・・・・1片(すりおろす)
しょうが・・・・1片(すりおろす)
玉ねぎ・・・・・1/2個(みじん切り)


人参・・・・・・小1本(みじん切り)
マッシュルーム・・・4個(みじん切り)
豆ミート・・・・1にぎり(水で戻してしぼっておく)
セロリ・・・・・・6cm(みじん切り)
ロリエ・・・・・・小1枚

昆布しいたけダシ・・・50~100cc


好みのカレールー又はカレー粉・・適量
塩・・・・・・・・適量
しょうゆ・・・・・少々

水菜・・・・・・・適量(2.5cm位に切る)
レーズン・・・・・少々
アーモンド・・・・少々(小さく刻む)


[ドライカレーの作り方]
1.鍋かフライパンに昆布しいたけダシ少々を入れて熱し、Aを入れて弱火でウォーターソテーする。
2.玉ねぎがしんなりしたらBを入れて炒め、昆布しいたけダシを入れて沸騰させてから弱火にして10分ほど煮込む。途中で水分が足りなくなったら少しずつ足す。
3.人参が甘くなったらCで味付けし、さらに5分ほど煮込んで水分を飛ばす。
4.皿にごはんをよそい、水菜を散らしてからドライカレーをのせ、レーズンとアーモンドを飾る。


親子で作ったドライカレー、時間はかかりましたが、おいしくできました!

普通に作ったら30分以内にできると思いま~す!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ドライカレー マクロビオティック レシピ)

この記事へのコメント
こんにちは!素晴らしいレシピ集ですね。
さて、豆ミートが良く分からないのですが、
テンペとか肉もどきのもので代用できますか。よろしくお願いいたします。
Posted by momo at 2010年05月09日 12:32
momoさん、こんにちは。
ハイハイ、大丈夫ですよ。いろんな物で作ってみてくださいね。
Posted by スミレコ at 2010年05月09日 21:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック