2008年06月28日

かみなり豆腐丼 マクロビオティックレシピ

kaminaridoufudon.jpg


昨日は中学生の娘が午前授業でお昼に帰ってきました。

私1人なら、お昼ごはんは塩むすびでもなんでもいいのですが、誰かがお昼に家にいるとお昼ごはんの用意をしなければいけないので、何にしようかといつも頭を悩ませます。

パスタはあきちゃったし、うどんとおそばは切らしているし、ごはんにお味噌汁っていう気分でもないし....。

冷蔵庫をのぞいてみると豆腐が目に飛び込んできました。

おー、おー、豆腐があるじゃないの!

ねぎもあるし。

というわけで、かみなり豆腐丼に決まり!です。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ[材料]2人分

昆布しいたけダシ・・・・50cc
しめじ・・・・・・・・・1にぎり
豆腐・・・・・・2/3丁(1口大に切る)
ねぎ・・・・・・・・・・1本(4cmに切って縦に半分に切る)
しょうゆ・・・・・・・・適量


カレーパウダー・・・・・小さじ2
くず粉・・・・・・・・・小さじ1
水・・・・・・・・・・・少々

ごま油・・・・・・・・・3~4滴

ごはん・・・・・・・・・2人分


[かみなり豆腐丼の作り方]
1.なべに昆布しいたけダシを入れて沸騰させ、しめじを入れ
てしんなりするまで中火で炒める。
2.1に豆腐とねぎを加え、火が通ったらしょうゆを回しかけ、Bをよく混ぜ合わせてから加え、2~3分弱火で煮込む。
3.火を消してから、ごま油を3~4滴加え、風味を出す。
4.器にごはんをよそい、その上に盛り付ける。


かみなり豆腐というのは、油で豆腐を炒めるときの音がものすごいのでついた名前です。

本来は油で炒めるのですが、油で炒めるとトランス脂肪酸を作り出してしまうので、昆布しいたけダシでウォーターソテーして作ってみました。

かみなりの音は小さめなので、「かわいいかみなり豆腐丼」って感じかな?

味付けは丼ものなので少し濃い目にしたほうがおいしいです。

1番最後にごま油を加えることで、魔法をかけたように味が変わって奥行きが出ます。


辛いのがお好きな方はとうがらしを入れてもGOODです♪


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(かみなり豆腐丼 マクロビオティック レシピ)

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101761162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック