2007年11月03日

マクロビオティック 食べ物の陰陽

食べ物にはそれぞれ「陰性」「中庸」「陽性」の性質があります。


具体的に食べ物を陰陽の考え方で分けてみましょう。


banana-3.jpg


1.極端に陰性にかたよった食べ物(上に書かれた物ほど強い陰性)

化学物質、薬(防腐剤、着色料など)
アルコール
精製した甘味料(砂糖、水あめ、はちみつなど)
刺激物(コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、香辛料など)
油(マーガリン、ショートニング、ラードなど)
乳製品(牛乳、バター、ヨーグルト、クリーム、カッテージチーズ、モッツァレラチーズなど)
熱帯性の野菜や果物(なす、トマト、じゃがいも、ピーマン、さつまいも、ほうれんそう、バナナ、パイナップル、キーウイなど)
加工、精製食品(精製穀物、インスタント食品、缶詰、冷凍食品、レトルト食品など)

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ続きを読む
posted by スミレコ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティックとは | 更新情報をチェックする